港町ふらふら便り
<<一覧に戻る | 作者コメント | 感想・批評 | ページ最下部
 のろのろ汽車から降りると、潮風が熱射と共に待ち構えていた。氷の半ば溶けた箱が並ぶ魚屋さん、かき入れ時は済んで一息ついた新聞屋さん、まだ地方では珍しい黄土色のタクシー。そんな港町のメインストリートから、坂の下へとゆらゆら歩を進める。少し甘い匂い。レンガ屋根の下の迷路を当てどない記憶を頼りに、迷い進む。「市営水族館の存続を!」とか「クリーンな改革」やら、色褪せたポスターがときどき。自転車で急坂をのらくら登るおばさんがときどき。ここに来ると、視界さえ水色のトーンを帯びる。

 空き地で少年らが一つのゴールでバスケットボールをしている。そこで声援というか野次を飛ばしている女の子に声をかける。
「学校帰りかい?」
「そういうおじちゃんは観光さんでしょ」
「まー、そうだね」
 女の子はくすりと笑う。
「道を尋ねたいのだけど」
「五十円」
 はぁ。
「うそっ! うそうそ! そんな目で見ないでー」
「はぁ……漁港の方に行きたいんだけど」
 そうしたらボールを抱えていた少年が乗り気にこちらを振り向いて。
「そんならここをずーっと下って、海沿いの道を山の方!」
 聞くまでもなかったささいな確認になってしまったけど、「ありがとう」。

 クリームの家並みの遠く隙間から、青い海が覗いた。インディゴな深いブルーは、空にはっきりと線を引いている。やがてその潮騒の音とともに、海が近づいていく。
 流石にここまで来ると辺鄙な田舎っぽさは隠せない。それでも堤防はしっかりと整備され、工事の跡も見え、その海の確かな存在を際立たせている。堤防の上まで続く階段があったので、そこを登り、海を眺めながら海岸沿いを行く。魚釣りのおっさんらと時折すれ違いながら。水に飛びこみたいような暑さだが、岸に並ぶ黒光りする岩たちが、それを不可能な妄想にさせた。

 漁港といっても、早朝の商売時を過ぎれば、単なる大きな建物だ。それでも人が集まるところ、幾つかの鮮魚を扱う飯屋が営まれる。そのうちの穴場スポットとして観光ガイドに載っていた店に足を運ぶ。掃除の行き届かない玄関から嫌な予感がしたが、イマイチなところだった。味が美味しいかどうかは分からない。生の魚を食べる機会は3回目だったが、その歯をいじらしく弾く食感はともかく、魚というよりも醤油を食べているような味には未だ慣れない。焼き魚にすべきだったとただ後悔しながら食べていた。それだけならまだいいが、地元民が集まる店らしく、地方の方言が飛び交い、煙草の煙が空気のように充満している空間は、どうも居心地が悪い。

 港町に来た一番の目的が外れとなり、半ば途方に暮れたというか、行く当てを無くした。泳ぐにしてもそこまでの気分ではないし、水族館の気分でもない。
 ということで街の果てにあるみさきに行くことにした。有名な大きな岩があり、安産にご利益があるらしい。どうでもいいが。
 山道を海沿いに登る。木々は青く茂り、太陽を遮る。ぬるいが爽やかとは言えなくもない潮風が頬にあたる。悪くはない気分で坂を登る。途中、切りたった崖もあったが、時折すれ違う奇特な彷徨い観光客同士、仕草だけの挨拶をしながら、道を行く。ふと、今はもういない妻と娘が一緒にいたら、なんて思う。思うだけだけど。
 みさきには市が建てた貝の博物館があった。誰もいない寂れた食堂に、棚だけが多い土産物屋。特に観るものもない施設だが、トイレを借りた手前、土産にアジの干物を買った。保存用の氷を申し訳ないくらい沢山いれてもらった。海辺の干物は絶妙な艶があった。
 みさきには特に展望台はなかったが、一面の海が広がる景色が眼下に続いていて、名も知らぬ白いチューリップのような花が咲き誇っていた。そこに無粋ともいえるノボリが立っていた。だが、そこに書かれている涼しげな文字に惹かれた。
「絶景の喫茶店 かき氷あります」

 確かに絶景だった。珍しい木造の喫茶店で、パラソルと焦げ茶の椅子とテーブルが広い庭に置かれている。庭には夏の花草がセンス良く整えられ、その先に真っ白い雲と光を浴びた青い海がパノラマする。また、メニューが素敵だった。イカスミシーフードカレーといったここでしか食べられなそうなフードもあったが、お昼を食べて残念ながらお腹に余裕がなかった。それでもマンゴーティーやパッションフルーツのかき氷など、好奇心をかきたてるメニューがずらっと。なかでも目を引いたのが。
「この、酒のかき氷って?」
「東の地方のオサケのかき氷です。お米を原料としていて、アルコール度数も高いですよ。旅の方には少しオススメしにくいのですが、しゃきっとした、なんというか凛とした良さがあります」
 聞き終える前から決めていた。
「じゃ、それで」
「いいんですか?」
「はい、急ぐ旅ではないので」

 緑の庭と青い海を眺めながら、冷たい氷菓と香り立つアルコールを口に含む。これでソプラノ歌手の演奏があったら、正に天国だろう。そんな妄想を抱えていると、かつての娘の甲高く音痴な児童曲が、ふと蘇ってきた。それを笑う妻とわたしの笑い声も。それは忘れてしまった記憶、毎日に洗濯されて消えたはずのふとした出来事だったはずが、やけに鮮明にそのビジョンというよりも音がリフレインされ、目頭を襲った。
 ごしごしとこすり、視界一杯の海に戻る。海は広く、時は緩やかで、それは一人ぼっちでは到底埋められるものじゃなかった。

 しばらくの郷愁の後は、妙に高揚とした気分が続いた。それこそハイキングの気分で帰りの坂道を下り、街に出て、ふらふらと物色し、見事に道に迷うほど。
 人通りの多いところへ行けば、メインストリートに辿り着き、駅へと帰れる。頭ではわかっているのだが、入り組んだ道々と酷使した脚が、なかなかにもどかしい。夏は日が長く続き、まだまだその天下だ。炎天下だ。喉がひりひりと乾き、既に二軒の喫茶店で炭酸水をがぶ飲みしていた。

 そんな時だった。

 奇妙な看板が目についた。カボチャショップ。

「カボチャショップ?」
 思わずつぶやいていた。そこは商業区とは離れたクリーム色の民家が続くところだったから猶更だ。
 いろいろなことがよぎった。
 それから看板の指す小さな路地へと向かった。自分でも奇妙な想いだが、楽しそうだったのだ。ペットショップの鳥のコーナーを覗く感じに少し似ている。

 三階建ての細長いアパートの小さな一室、店というよりも部屋のような空間。ガラスの窓に黒字でカボチャショップ、カラーで荷台の上に様々なカボチャが描かれている。一見オシャレだが、その下に張り紙で「今だけ20%セール」とあるから、苦く笑ってしまう。
 ドアを開けると連れてちりんちりんと鈴の音が鳴り、「いらっしゃい」と明るい声がかけられる。そこに含まれる幼い響きに驚く。見ると、16,7の少女が一人、小さな店にちょこんと立っている。綺麗というよりも人懐っこい感じの、瞳の大きな少女だ。
「ここは、カボチャショップ?」
「うん、カボチャショップよ」
 わたしは少し躊躇いながら
「ケーキ屋じゃなくて?」
 少女は少し下を向いて
「カボチャのケーキもあるんですよ」
「カボチャのケーキも?」
「普通のケーキもあり、ます」
「ふぅん」
 建物自体は古びているが、店そのものはフレッシュさを感じた。良くも悪くもぎこちなく洗練されてなく、無駄が多い。そう並べると悪いことばかりのように聞こえるが、親しみやすく、嫌な商売っ気が少ないともいえる。
 まず扉を開けるとケーキのショーケースが並ぶ。シフォンケーキを中心にパイなどの焼き菓子が多い。全体的に焦げたオレンジ色をしている。その少し奥には「カボチャショップ」らしくカボチャが整然と。八百屋のような陳列ではなく、服屋のようにそれぞれのカボチャが大事そうに飾られ、ポップに手描きの説明書きがされている。それでただでさえ店は圧迫されているのに、欲張ってかイートイン用のテーブルと椅子がある。それも一脚だけ。こんなごちゃごちゃした店内で少女に見つめれらながらケーキを食べるなど、落ち着かないだろう。と普通は思いそうなものだが、少女のあけっぴろげなけらけらした顔と、オシャレとは遠いが絶妙な品の良さを保っている店内の空気が、なんともそこに「居たい」と思わせた。紅茶とケーキとカボチャに囲まれて。午後を猫のように無為に過ごしたいような。この少女からもう少し話を聞きたいような。
 わたしはアルコールに酔っていたのだろう。でなければここを訪ねなかったし、ここでカボチャのシフォンケーキと紅茶を頼むこともなかったし、少女のカボチャトークにつきあうこともなかっただろう。
 それでも、このほろ酔いは心地いいものだった。
 ころころと変わる少女の表情、上気した頬、店での失敗談に次ぐ失敗談。それでもここを町一番のカボチャショップにしたいと語る。1階にはずらり世界中のカボチャを集め、2階では様々なカボチャの郷土料理を提供する。カボチャ好きのスタッフを集め、毎月試食会を行い、店が繁盛したらのれん分けをする。
 無性にカボチャが食べたくなったので、カボチャのフライスティックとカボチャのスープセット、この店に唯一ある軽食まで注文した。暇な時だけなのよ、とは少女の談。
 本当に暇が続いてこの店が潰れちゃうのかと思ったりもしたが、くるくるカボチャやケーキを買うお客さんが入ってきた。おそらく地元の人だろう。それでも余所者のわたしを邪件に扱うこともなく、過剰に遠慮することもなく、「どうもー、今日も暑いねー」と柔らかい空気を作る人たちに、何か温かいものを感じた。常連客も出来ていて、新しい常連客も生まれるだろう店だ。

 そしてわたしもこの港町に再び寄るとき、無性に海が見たいとき、それがまた親しい人たちと一緒になのか、相変わらず一人でなのかはわからないが、この店を訪ねるだろう。

 日が傾き始めた中、少女からやけに丁寧に教わった駅への道順をたどる。

 これが今年の夏のバカンスの何気ない、それでいて忘れられない一日だ。
えんがわ 

2023年11月10日(金)21時53分 公開
■この作品の著作権はえんがわさんにあります。無断転載は禁止です。

■作者からのメッセージ
今までお世話になりました。
文章を書く楽しみ、モチベーションとしてとても支えになるところでした。
ありがとです。


この作品の感想をお寄せください。

2024年02月18日(日)23時52分 えんがわ  作者レス
>ratoさん

ありがとですー。
旅情感が出ればいいなーと思ってました。
カボチャの話はここが終わっても、続けたいなと思います。
生きていればきっとまた。

pass
2024年02月10日(土)02時05分 rato  +10点
はじめまして。ratoです。

情景描写が巧みだなあと思いました。

同時に、主人公の内面とのリンクも感じられて、好印象でした。

筆者さまの豊かな感性を感じられるので、これからも頑張ってください。

では。
2

pass
2024年01月02日(火)00時11分 えんがわ  作者レス
>サイドさん

久しぶりーです。
何度も感想いただき、素晴らしい小説を読ませていただき、ありがとうございました。
お世話になりました。またどこかで会えるといいですねー。

自分は理屈というか、きちりとストーリーを組み立てた話というものを、ここ最近ますます書けなくなってしまいました。
考えている段階で、噓くせーとか思ってしまうんです。

感覚的なものだったり、体験をベースにしたものだったり、そういうのしか書けなくなってしまい、結果いわゆるライトノベルとは離れた方向に行ってしまいましたが、後悔はありません。

でも、不安だから、サイドさんみたいに優しく肯定してくれるお言葉をもらうと、心の中でどばーっと泣けてしまいます。

なんかなー、ゆっくり呼吸できるようなそんなのが。
うー。
生きていこうねー。ではではー。

pass
2023年12月30日(土)08時07分 サイド  +20点
こんにちは、サイドです。
お久しぶりです、お元気ですか?
僕は久しぶりに覗いてみたら閉鎖のメッセージを見つけてビックリした口です。

個人的にですが以前まで読ませていただいていた作品より、感覚に訴えかけて来る文章が刺さるものになっているように思いました。
風景描写と主人公の心理描写が繋がったり、少し乖離したり、この辺りのバランス感覚は自分のスタイルで書き続けた人のできる技だと感じています。

特に風景の豊かさと、主人公の一人ぼっちの心情の対比がとても上手く書かれており、海の青さと主人公の思い出がなんとも言えない寂しさを出していました。
それでいてカボチャショップに立ち寄り、少し救われたような、小さいけれど大切な思い出として描かれているのが印象的だったと思います。

僕はどうしても理屈っぽくなるというか、感性で文章を書けないのでこの作品のようにリアルな肌感覚で書かれた作品を読むと、はっとさせられる部分がたくさんありますね。
特に最近のメディアの作品って、とにかくスピードが速いのでこういった作風はとても貴重なように思います。

僕も……と言ったら失礼な感じがしますが、マイナージャンルを走りがちなので励まされるというか勇気をもらえる感じがしました。

えんがわさんとは何度か鍛錬室でメッセージのやり取りもあったので、挨拶ができてよかったです。
またいつかどこかでお会いできたらいいですね!

執筆、お疲れさまでした!
11

pass
2023年12月04日(月)01時44分 えんがわ  作者レス
ありがとうございます。

自分のイメージした港町旅体験を、読者さんが一緒に味わってくれたのなら、冥利に尽きます。
自分は感情や感覚を重視して書くんですが、理論的に描く永遠のさんに好意的に読んでもらえたのは嬉しく。自分の永遠のさんの作品の読み方はなんて独りよがりなんだろう、と恥ずかしくもなってしまいます。(ここに謝罪します。好き放題書いてしまいすいません)

文章はゆったり気味な、ちょっとした気だるい雰囲気があっても良いかなと思うんですが、冗長とまでなってしまうと失敗です。加減が難しー。参考になります。もっと読みやすい感じに整えられたら。

誰がしゃべっているとか、話者の提示の意識はすっぽり抜けていたので。気を付けよー。
本当は漫画みたいに書ければいいんだけど。

こういうタッチでもっと深みを出せれば、それは理想の書き方になるんでしょうなー。
道は遠いです。
この鍛錬上にはお世話になりました。ありがとうのようなものをいくつ返せただろうか。
ありがとうございました。

pass
2023年11月29日(水)15時14分 永遠の Z1C9Ijo9aY +20点
良かった点:

豊かな描写: 文章には豊かな描写があり、読者をその場にいるような感覚にさせます。潮風や街の様子、食べ物の味わいなど、五感を刺激する表現がありました。
感情の表現: 主人公の感情や思いが表現されており、読者が感情移入しやすい構造になっています。
プロット: 一日の出来事を追っており、文章全体にまとまりがあります。

改善できる点:
文章の流れ:

引用: ”それでも、海岸沿いの小道を歩いていると、どこからか笑い声が聞こえてきたり、...”
コメント: 一部のシーンが急激に変わると、読者が戸惑う可能性があります。文章の流れをスムーズに保つために、シーン間の遷移を工夫すると良いでしょう。
文長の調整:

引用: ”今回の冒険で私は多くのことを学び、新しい友達との出会いに感謝しています。”
コメント: 一部の文がやや冗長であり、シンプルな表現に変えることで読者にとって理解しやすくなります。
ダイアログの明確化:

引用: ”「これが待ちに待った休暇だ!」”
コメント: ダイアログの中で、誰が発言しているのかが不明確です。読者が追いやすいように、話し手をはっきりさせましょう。

全体として、これは雰囲気、キャラクターの相互作用、そしてノスタルジーのタッチが楽しくブレンドされた、よく練られた物語です。 感情の明瞭さと探求を調整すると、読者の体験がさらに向上する可能性があります。
12

pass
合計 3人 50点


お名前
E-Mail  公開しない公開する
↑作者レスをする場合は、作品投稿時のメールアドレスを入力して下さい。
−− メッセージ −−
作者レス
評価する
 PASSWORD(必須)  トリップ 

<<一覧に戻る || ページ最上部へ
作品の編集・削除
PASSWORD