本当の宝物とは
<<一覧に戻る | 作者コメント | 感想・批評 | ページ最下部
 夕闇がせまる街の公園はやがて日が落ち、薄暗い蛍光灯の灯りが落ち葉を照らす。 秋風に吹かれて時々、木の葉が舞う風景をジッと男は眺めていた。
 年の頃は四十五歳前後と思われるが、なぜかベンチに座ってボーとしている。
 「枯れ葉か……俺とおんなじだな」 男はそう呟く。
 先程から何度も携帯電話を取り出しては、またポケット仕舞う仕草の繰り返しだ。どう見てもサラリーマンのようだが、憔悴しきった顔に哀れみが漂う。
 その男は吉原義則四十六才、某商事会社に勤める係長だった。
  だったと、過去形が付く。吉原は会社を本日付けで解雇された帰りの事である。解雇予告は一ヶ月以上も前に言い渡されていた事だが、その事を家族には切り出せなくて今日の日まで隠し通して来た。しかし其れもお仕舞だ。明日からは就職活動をしなくてはならない。いや既に就職活動は始めて居たが、なかなか良い仕事はなかった。妻になんと言って説明すれば良いのだろうか。吉原は妻の優子と小学四年生の息子友則と三人で古いマンションに住んでいる。古くても家賃は十二万円もする。貯金だってそうある分けではないし途方に暮れるのも無理のない話しだ。

 いつものように、ただいま! お帰りなさい。その会話が交わされるだろうか。妻は感が鋭くすぐに自分に何かあったと見抜いてしまう。その前に電話をして事の次第を伝え、妻へ少しで負担を和らげるべきか。
 家に電話を掛けようか迷っていたその時だ。携帯電話の呼び出し音が鳴る。相手は妻の優子だ。躊躇いながらも受信をオンにする。
 「貴方、いま何処にいるの……長い間お勤めご苦労様でした」
 「えっ! どういう事?」
 「馬鹿ね、貴方と結婚して十五年よ。隠したって分かるわよ。大丈夫心配しないで私も働くから、ゆっくり休んで。早く帰って来て。今夜の夕食は貴方の好物を用意してあるわ。それとも……」
 なんと、優子は全てお見通しのようだ。しかもなんとも温かい言葉だ。
 妻がパートに出ても、たかがしれているが、その気持ちが嬉しい。
 妻は最後に付け加えた言葉は。
「それとも……今夜は好きなだけ飲んでらっしゃる、それで気が紛れるなら」
と。いや、そうと分かったら一刻も早く家族の顔を見たい。仕事を失っても優しい妻と子供がいるのだ、それが最高の宝ではないか。
 そして今夜だけは妻の胸の中で思いっきり泣かせて貰う。
 おそらく妻の前で泣くのは最初で最後であろう。

 よし! 頑張るぞ。吉原は妻の言葉が身に沁みて嬉しかった。
 吉原は駅に戻るついでにケーキを買い、それと自分の未来を占う為にジャンボ宝くじを十枚だけ買った。
 勿論、当たらないのは分かっている。それでも夢はあった方が希望を持てるというものだ。笑われるかも知れないが夢は三千円で買うことは出来る。もしかしたらという当選発表までの期間だけ夢がある。夢があれば就職活動にも気合いが入る。勿論外れるのは分かっている確率は千万部の一にも満たないがそれでいい。
 暗い顔をしてはいけない。いつも通り明るく家のドアを開ける。
妻の優子が温かく迎えてくれた。いつもより豪華な料理が並べてある。妻の心遣いが身に沁みる。可愛い息子もいつも以上に甘えて来る。妻が息子にそう伝えたのか定かではないが、家族という温もりに感謝したい。
 その夜、息子が眠った後、吉原は優子の胸で子供のように声を出して泣いた。
 己の不甲斐なさと二十年も務めた会社を解雇された悔しさからくるものだ。
 「ありがとう優子、君の言葉が今日ほどあり難く思った事か。明日からまた頑張る勇気が湧いたよ」
 会社を首になり家長としての責任を果たせない虚しさ、世間に負けた悔しさ。でも妻の励ましに勇気を振り絞って、翌日から就職活動に専念出来る。

言葉通り翌日から就職活動に専念した。来る日も来る日もハローワーク通い。 
四十六歳の中年男には、そう簡単に仕事が見つかる筈もなく、やがて十日が過ぎた頃、宝くじ売り場が目に止まった。そう言えば宝くじを十枚買った事を思い出した。とうに発表は終わっているが確認だけはしたかった。
 せめて一万円でも当たれば気休めになる。まだツキはあるじゃないかと希望が残る。そして宝くじ売り場に立ち寄り調べて貰った。
 宝くじ売り場にはオートチェッカーと呼ばれる機械で正確に当選番号を弾き出してくれる。
 処がその店員の顔色が変わった。そして隣にいる店員を呼び更に確認した。
 それから数分して周りに客が居なくなったのを見計らい、吉原に声を掛けた。
 「おめでとう御座います。前後賞合わせて三億円が当たりました」
 吉原は絶句し声を出なかった。まさか! 自分のツキを占う為に買った宝くじが??
 神は我を見捨てなかった!! 途方に暮れた昨日までが嘘のようだ。
 吉原は何度も聞いた。「本当に間違いなく当たったのですね」
 店員は間違いないと太鼓判を押してくれた。
 まさか信じられない事が起こった。本当に神様はいるの? これで家族を幸せに出来る。興奮する気持ちを抑えて、換金方法を尋ねた。店員は丁寧に換金の手続き方法を教えてくれた。すぐに妻に知らせようと考えたが確実に金が入るまで伝えるのを我慢した。

 吉原は何事もなかったように気持ちを抑え帰宅した。
 「貴方お帰りなさい」
 「ああ、ただいま。いい仕事はあったんだけどね。通勤に三時間では往復六時間となると厳しいもんな……」
 本当はそんな仕事はなかったが嘘をついた。
 なんとか悟られまいと今日も誤魔化した。
 翌日、吉原は印鑑に運転免許証と当たりくじを揃えて銀行に向かった。 
 通されたのは(億の部屋)噂では奥の部屋ではなく、億単位の高額当せん者は通称(億の部屋)に案内されるそうだ。確かに一流企業の社長室を思わせる部屋だと思った。それでもまだ不安が残る。
 お客様、申し訳ありませんが。なんて言われたらどうしようかと思った。
 しかしそれも取り越し苦労。なんの問題もなく手続きが終了した。
 「尚、お客様。本日なら百万までならお持ち帰り頂けますが、残りは一週間程の時間を要します。勿論その時は現金でお持ち帰りも出来ますが重さにした約三十キロとなります。殆どの方は口座に入れます。お客様は当行の口座お持ちですので、その口座に入金する事をお勧めしますが、如何致しましょう」
 「はい、それでは口座に全額お願い致します」
 「承知致しました。それでは全ての手続きが完了しましたので最後にこれをお持ち下さい」
 渡されたのは(宝くじ当せん証明書と、その日から読む本)だった。
 「あの……この冊子は?」
 「ああ、お客様がこれからどのようにお金を活用されるかなどのガイドブックですよ」
 初めて聞いた。成程でね。その日(宝くじが当たった日)からか。これは面白い。高額当せん者のみが持てる本か。億万長者の仲間入りした証拠だ。

 やがて一週間が過ぎ、総ての手続きが終り吉原はカバンに一千万の札束を入れ流石に電車で帰る気になれずタクシーで我が家に帰った。就活の帰りは、いつも浮かない顔で家に入る。それを今日に限って浮き浮き顔で家に入った。もう芝居をする必要はない。優子はウキウキしている吉原の顔を見て、就職先が決まったと思ったようだ。
 「貴方? お仕事決まったのね。良かったわ本当に……」
 どうやら妻は吉原が、いつでもなく明るい表情をしていたので勘違いしているようだ。
 吉原はどう説明しようかと迷ったあげく興奮気味に事実を告げた。
 「いや違うんだよ。優子もっと凄い事があったんだよ。ほらこれを見てくれ」
 吉原はカバンから一千万の札束を優子の前に並べた。
 今度は優子が絶句した。目を点にして札束と夫の顔を交互に見る。
 「あなた……いったいどうしたの、このお金?」
 「ほらっ僕が会社を解雇されショックを受けた時に君が励ましの電話をくれたじゃないか。あの時に嬉しくてケーキと運試しにジャンボ宝くじを十枚だけ買ったんだ。それが三億円当たったって訳さ」
 まだ信じられない優子に、吉原は(宝くじ当せん証明書)と通帳に刻印された残りの残高二億九千万と記されていた通帳を見せた。
 吉原は興奮しながら話しを続ける。
「銀行に宝くじを持って行ったらね。これは高額当選者しか知らない(億の部屋)と云う所へ案内されたんだ。そこで高額当選者だけが貰える小冊子を貰えるんだよ。ほら、これがそうだよ。この本はね高額当選者への心得みたいなものだよ。凄いだろう」
 興奮していつでもなく早口で喋る夫に優子は暫らく呆然していた。吉原は優子が驚く顔を見て楽しんでいる。
 「本当なのね……それでこれからどうするの?」
 「そうだなぁ、もう就職活動も必要ないし君も働く事はないよ。そうだ大きな一戸建ての家を買って車も買おう。君と僕の車二台をね、外車がいいかなぁ」
 吉原は有頂天になった。これで苦労を掛けた妻にも恩返しが出来る。そして息子も私立の小学校に入れてやろうと喜んだ。
 「貴方、喜ぶ気持ちは分るわ。でも急に大金が入ったからと言って、無駄使いしては駄目よ」
 優子は急に贅沢な暮らしをしたら、きっとすぐに使い果たして自分を見失うからと、いい顔はしてくれなかった。
 だが吉原はすっかり舞い上がり聞く耳を持たない。しかしこの時点で(小冊子、その日から読む本)を忘れていた。もし読んでいたら誤った使い方をしなかっただろう。

 「いいじゃないか。君には苦労掛けた。そうだ海外旅行に行こうか。いや世界一周もいいな」
 優子は呆気にとられた完全に舞い上がっている。無駄使いしないで、いつものように平凡に暮らしましょうと窘めたが聞く耳を持たない吉原。
 それから半年後、都内の外れに家を買い、約束通り高級外車二台を買った。
 優子は国産の小型車で充分だと言ったのだが。君の為に買うんだと押し切られてしまった。
 更に贅沢な暮らしが始まった。だが妻は吉原に苦言を述べるばかり。
 「貴方は変わったわ。お金かあるのは分かるけど、働かないと駄目になるわ。人生長いだから、こんな使い方をしたら十年、いいえ数年で使い切ってしまうわ」
 「心配するなって、俺はツキのある男だ。心配ないよ」
 しかし吉原は毎日のように競馬場通い、なにかと云えば金が無くなったら考えるよと聞く耳を持たない。

 平和な生活が出来ると思ったのも束の間、優子とは毎日のように口喧嘩するようになった。吉原は完全に人が変わってしまったようだ。
 そしてついに恐れていた事が来てしまった。
 毎日のように窘められて堪忍袋の尾が切れてしまった。
 怒った吉原は妻に五千万を渡し不服があるなら出て行けと、慰謝料だと金を渡した。吉原は妻に金を叩きつけた。金さえあれば妻も必要ないのか?
 「貴方! まだ分らないの。お金は人を狂わせるわ。あんなに優しさかった貴方は何処へ行ったの? 勿論お金は生きて行く上で大事よ。でも人の心まで買えないのよ。もう私達はお仕舞ね」
 優子は青ざめた。金は人の心を変えるのか、いや金は使う人の心がけ次第なのにと。
「分ってないのは君の方だよ。慎ましく暮らすのが幸せなのか? 会社だってそうだ不景気になると容赦なく切り捨てる。金さえあれば何もかも上手く行くんだよ」

 「分かったわ、貴方は大金が入って変わったのね。貧乏でもいいの、貴方と力を合わせ平凡な家庭が私の願いなのに情けない……そんな貴方の顔はもう見たくない。実家に帰らして貰うわ」
 互いに売り言葉に買い言葉の応酬で、収まりがつかなくなり優子は子供を連れて出て行った。
 この時点で吉原の通帳残高は一億五千万と減少していた。
 妻が出て行き更に吉原は荒れた生活をするようになった。
 昼は競馬にパチンコ、夜はキャバクラ通いと荒んだ生活を歩む。
 それから一年が過ぎ、残りの金は一億円を切った。金は無限にあるわけじゃないのだ。
 吉原は毎日遊び歩いたが、気が付いたら友達かいる訳でもないし、元会社の同僚とも負け組みの男は誰も声を掛けられなかった。キャバクラ通いも飽きて来た。もてて居ると思ったのも金づる、だからだと知人に諭され、流石に吉原はこれではいけないと思うようになった。
 そうなって来ると、やはり子供の顔を見たくなった。優子だって嫌いじゃない。細かい事をガダガタ言うもので、つい腹を立てただけだったのに……。
 朝食はパンを買って来て食べ、夜は何処かのレストランで済ませる毎日が続いた。そんな自分を急に孤独が襲って来た。
 淋しい、やはり人は独りぼっちでは生きて行けない子供と妻に逢いたい。
 冬空に輝く星屑が哀愁を誘う。吉原は妻の実家に向かった。当然の如く門前払いを喰らった。
 「吉原さん、娘は貴方に会いたくないそうです。どうぞお引取り下さい」
 義母の冷たい言葉が返ってくる。

 吉原はそれから一週間毎日、妻の実家に通った。だが声さえ掛けて貰いない。
 夕方から降っていた雨が雪へと変わって行く。吉原はあの日の公園での事を思い出していた。解雇された帰り公園で佇んでいた己の姿を思え浮かべた。
 あの日、妻が電話をくれた。全て見通し温かく支えてくれた。そんな妻に引導を渡したのだ。あの温もりを忘れ大金が入ったことで妻の愛情さえ壊してしまった。
 妻が何度も警告しくれたのに……今更、妻に戻ってくれなんて虫が良すぎる話だと。これは天罰だ。このまま凍え死んだ方が妻への償いになるだろうか?
 そんな時だった。ガラッと玄関の引き戸が開き、優子が傘を持って一言呟く「馬鹿ね」 
 馬鹿ね、久し振りに聞いた妻が得意とする言葉だ。そのあとは妻が優しく接してくれた。吉原はこれで許してくれると安心したのだが、しかしそうではなかった。吉原は妻と妻の両親に自分の過ちを詫びがたが、妻は冷たく突き放す。ただ二人で話し合える時間は貰えた。
 「貴方はお金で自分を見失ったわ。そして私と子供まで見捨てようとしたのよ。分かりますか? 貴方が金に目が眩み妻子を捨てたのよ。私の怒りはまだ収まってないわ」
 吉原は返し言葉もなかった。厳しい言葉を浴びられて、お袋に叱られた子供のように反省する。
 「すまん。これからは心を入れ替えて一生懸命働くよ」
 「口で言うのは簡単よ。誰でも謝る時はそんな事を言うわ。では心を入れ替えた証拠を示してください」 
 「証拠と言われても……」
「それじゃあ一年以内に二百万の貯金を作って。勿論いま持っている、お金は一円だって使っては駄目よ。貴方は一日に二百万も使った事があるわね。その二百万を作るには、どれほど大変か身を持って示して欲しい。お金の有り難味は働いて得た金でなくては分からない。それを一番知っているのは誰だったの? 約束を果たせたら戻ってもいいわよ。ただし通帳と印鑑キャシュカードを私に預ける事が条件よ」
思った以上に厳しい条件を突き付けられた。この条件を飲まなければ妻は離婚を切り出すに決まっている。今更気付くのは遅いが金よりも温かい家庭、妻と子供と一緒に過ごせる事がいかに大事か身に染みていた。
「分かった。死ぬ気で働くよ」
吉原は涙流して約束した。その日の内に家に帰り翌日から仕事を探した。もはや選んではいられられない。

 吉原は正社員には成れなかったが昼は派遣社員として働き、夜は土木作業までして必死に働いた。派遣の仕事で月十二万円、土木の仕事で十万円遊びは一切止め生活費として四万円。残りは毎月の貯金が十八万にもなった。幸い自宅はローンがないので無料だ。広い家で一人、食事を作りビール一本飲むのが何より楽しみとして働いた。後は全て貯金した。
 必死だった。でも分かる事がある。二百万円を貯める事がどれほど大変か。一晩で百万二百万円も使った自分の馬鹿さ加減に呆れた。
 昼夜働き疲れ切って飲む安酒は美味かった。一晩で五十万も注ぎ込んだキャバレーで飲む高級酒よりもワンカップ二百円の酒の味がこんなに美味いとは?
 やがて一年が過ぎ貯金は二百万円を超えた。これでやっと約束を果たした。
 妻が許してくれるのを楽しみに風呂に入ろうとしている処に、玄関のチャイムが鳴った。
 「はい、どちら様でしょうか?」
 「ハパ! 僕だよ。友則だよ」
 吉原は驚いた。こちらから報告に行こうと思ったら妻の方から来てくれた。
 嬉しくて嬉しくて涙が止まらなかった。ドア開けると友則が吉原の懐に飛び込んで来た。
 「お帰り、友則……優子」
 「上がっていいかしら?」
 「勿論だよ、優子。そしてありがとう」
 「ふっふふ、馬鹿ね」
 汗まみれになって働く事の意味を妻は教えてくたれ。金は生きる為に多少あればいい。そう言っても一度大金を手にすると、安い賃金で働く意欲が湧かない。だが優子は全て心得ていた。妻子に帰って貰いたい一心で働いた一年だ。本人は目標を達成してホッとしているだろう、だが新たに明日からも同じように働けるとは限らない。夫の再就職は無理だ。それなら独立しかないと思っていた。それを見越して優子は実家の近くで一年に渡りパン屋の修行をして来たのだ。夫が本当に改心して働くなら自分も変わらなければと優子なりの一大決心だった。

 夫に優子は告げた。優子の夢だったパン屋をやりたいというのだ。 
 共に苦労し夢を見ようという提案に、吉原はこんな素晴らしい妻に涙した。
 これで大金を使うのは終りにしょうと二人で相談し貯金から二千万を出しパン屋を始めた。
 吉原は優子の手解きを受け、パン作りを始めた。
 勿論、簡単に儲かる訳でないが二年が過ぎやっと軌道に乗るようになった。
 隣には優子がパンの仕込みをしている。いかにも嬉しそうだ。
これが妻の望んでいた幸せ。吉原も今はパン作りが楽しくてしょうがない。
 「いらっしゃませ」
 今日も笑顔でお客様を迎える妻の姿に吉原は喜び感じた。金は人を狂わせる、それを諭してくれたのが妻だ。こんな素晴らしい妻に恵まれ改めて妻の有り難味を感じた。吉原は確かに宝物(宝くじ高額当選)を手にした。だが今改めて思う。本当の宝物は妻の優子だ。

 了
ドリーム 

2020年04月25日(土)13時25分 公開
■この作品の著作権はドリームさんにあります。無断転載は禁止です。

■作者からのメッセージ
私が書いた長編小説20万字超「宝くじに当たった男」があります。
今回の主人公は妻子持ちの中年男、一方長編は二十七歳の独身男
共に物語は会社を解雇され宝くじに当たるというもの。
長編は身長百九十八センチ、体重百キロの大男、あだ名はゴリラ一度怒ったら誰にも止められない野獣であるが人を引き付ける魅力があると言うものです。
今回はその姉妹編で、内容は全く異なります。
感想をお待ちしております。



この作品の感想をお寄せください。

2020年05月17日(日)09時47分 ドリーム  作者レス
yesさま 

感想ありがとうございます。

>文章的にもこなれている感じで,スラスラと読めました。
>実力がある方なので、逆にいうともうちょっと完成度が欲しい感じがします。

ありがとうございます。励みになります。

>むしろ思い切っていらないところは削った方が、ブラック風味が増して作品としての完成度は上がるかもしれません。

そうですね。良く説明的とか言われます。
はい参考にさせて頂きます。有難うございました。


pass
2020年05月17日(日)09時39分 ドリーム  作者レス
神原さま ワタリヅキ様

感想ありがとうございます。

まぁ評価はそれぞれですから。
ライトノベル的ではなく古臭い人情物は受け入れられないのでしょう。

 
 

pass
2020年04月26日(日)14時52分 yes  +10点
読ませて頂きました。

文章的にもこなれている感じで,スラスラと読めました。
実力がある方なので、逆にいうともうちょっと完成度が欲しい感じがします。宝くじに当たっての話で、具体的な金額がどんどんと出てきて、それに呼応して人生が浮き沈みします。生活のレベルというのはどれだけお金を持っているかで決まりますよね。で、御作のテーマはお金の価値で、お金以上の価値があるものがあるというのがラストです。まったくその通りという感じで納得できます。で、そういう結論に達するのなら、やはりドラマ的部分がやや疎かに思えます。夫婦があまりにステレオタイプだし、読んだ限りはこの夫婦を繋ぐものは唯一金、その次が家族、という印象を持ってしまいます。それがリアルな夫婦といってしまえばそれまでですが、これは小説ですし、僕はもうちょっと小説的な何かを求めてしまいます。グタグタ追加して長くしろ、といっているのではありません。御作はショートショート的な題材なので、むしろ思い切っていらないところは削った方が、ブラック風味が増して作品としての完成度は上がるかもしれません。

というわけで、いろいろ書いてしまいましたが、腕のある方のように見受けられたので、少々辛口になったかもしれません。執筆頑張って下さい。
14

pass
2020年04月26日(日)09時38分 ワタリヅキ  0点
こんにちは、ワタリヅキです。
作品、読ませていただきました。
ストーリーのプロットはしっかり組み立てられていると思います。
失業したものが大金を手にし、自分を見失ったあとに大切なことに気が付く。
お金の大切さに気付くきっかけとなったのが、自分で200万円の貯金を作る事というのはリアルでよかったと思います。
ただ、他の方もおっしゃっていますが、なんとなく読んでいてあらすじを辿っているような感覚で、いまひとつ物語に入りきれませんでした。
この長さにまとめるには仕方なかったのかもしれませんが、もっと場面を絞って一場面を集中的に描写するとかにした方が良いかもしれません。
あとせっかく三人称で描いているので、奥さんの心理描写や心の流れを入れてもいいかなと思いました。
今の内容であれば、実質一人称と変わらないので、それであれば一人称にしてもっと主人公の心情描写を増やした方が読みやすいかもしれません。
12

pass
2020年04月26日(日)02時41分 神原  0点
こんにちは、拝読しました。

短編の間に高得点が何個もついていたのでちょっと気になって見てみました。

まず、妻の言葉の一つ一つが演技のようです。作者さんが言わせたいセリフをただ書いているように見受けられます。またストーリーが序盤の宝くじが当たったあたりから全部読めてしまいます。似たようなお話は、古くは落語にもあり、目新しさがありません。

お話の中で説明文が多いです。極力作者が説明せずに物語で表した方が良いでしょう。

≫淋しい、やはり人は独りぼっちでは生きて行けない子供と妻に逢いたい。≪

↑ここで、妻子が大事だと気付いたのに、終わりで宝が妻だけになってるのが? 妻子じゃないのか、と思いました。

以上から、私はまだまだかな、と思えるので、普通です。を置いていきたいかな、と思います。



15

pass
2020年04月25日(土)19時50分 ドリーム  作者レス
海山さん、こちらもお読み頂き有難う御座います。

宝くじにテーマを置いたのは自分も当たったらという願望も込めています(笑)
特に金に苦労して来た人は使いをを誤ってしまうかも知れません。
もし当たったらまず貯金、それからじっくり考えます。
因み私が当たった最高額は昨年、ジャンボ宝くじ10枚買いました。
調べたら必ず当たる下一桁300円でした。
処が換金に行き10枚渡したら1万300円でした。
まさかの一万円にビックリただしこれが私の最高額。









pass
2020年04月25日(土)19時08分 海山三川  +40点
とても良かったと思います。
こういう作品をスラスラっと書けるのが羨ましいです。
悪いところが見当たりません。どういう褒め言葉が適当なのかよく分かりません。
私も頑張りたいと思います。
14

pass
合計 4人 50点


お名前
E-Mail  公開しない公開する
↑作者レスをする場合は、作品投稿時のメールアドレスを入力して下さい。
−− メッセージ −−
作者レス
評価する
 PASSWORD(必須)  トリップ 

<<一覧に戻る || ページ最上部へ
作品の編集・削除
PASSWORD