呪いのビデオに告白を!
<<一覧に戻る | 作者コメント | 感想・批評 | ページ最下部
この街には、不思議な都市伝説がある。
 見たら死ぬ【呪いのビデオ】だ。
 曰く、ビデオを見た者は、三日後に死ぬ
 曰く、ビデオを見た者の前には、謎の女性が現れる
 曰く、ビデオを見た者は、魂を食われる
 曰く、曰く、曰く……
「そんなもの、所詮は噂話だ」と一蹴することは簡単である。
 根も葉もない噂が交えることは、確かにあることだ。
 しかし、火のない所に煙は立たぬ。
 何かしらの事象があってこそ、そのような都市伝説《噂》は巷を駆け巡るのだ……。



 来る〜♪ きっと来る〜♪

 どこかで聞き覚えのあるリズムが、脳内を反芻する。

 神谷経流時(かみやへると)は唾を飲んだ。
 現在彼は、一点をじっと見つめている。その先にあるのは画面が不規則に揺れるテレビだ。経流時が生まれた時からあり、随分と古臭い。後ろに奥行きのあるタイプの完全な旧型である。
 
 35インチと一人で見るには十分な大きさを誇る画面は、人が《《出入り》》するには少し小さい。ただ、小柄な女や子供であれば、辛うじて通れる広さではあるようだ。

 ところで、どうしてそのようなおかしな事を、唐突に言いだしたのか。
 現在目を丸くして静止する経流時の眼前で、実際にそれが起こっているからである。

「嘘やん……」

 普段は穏やかな経流時から、らしくない言葉が漏れた。

 テレビの奥から、こちら側に向かって歩みを進める、人型の何か。
 脹脛まで届きそうな黒髪から、人間の女性であることは推測できる。しかし、顔は隠れて見えない。
 他に特徴を上げると、女は白いワンピースを纏っている。今し方、井戸から出てきたとは思えない程、清潔な白さが保たれていた。泥の一つも付いていないのだから驚きである。
 動きはとても奇妙だ。こちらへ向かって歩く度に、身体をくねらせて、経流時の恐怖心を煽っていた。
 流石は現役の怨霊だと感心してしまうほど、素晴らしいパフォーマンスだ。

 女は歩みを止めない。相変わらず不気味な動作を演出しながら、少しずつこちらへ向かってくる。

「これ、きっと来ちゃうやつかなー」

 答えは是。女の身体がTVをすり抜け、青白い指が淵を掴んだ。

「あ、おわた」

 経流時は死を覚悟した。
 このまま自分は呪い殺されるのだと。既に、魂が口から抜けそうな様子であった。

 経流時が立ち尽くす間に、テレビから上半身を垂らした女の指が、経流時宅《こちら側》の床に触れた。存在を疑うほど静かだ。音一つ出さない。
 
 しかし次の瞬間、ドテッと鈍い音がした。

「えぇ......」

 TVと床には少し高さがある。突き出した手を滑らせ、女は見事に顔面から着地した。困惑を隠せない経流時は、心配の目を向ける。
 
 一方で女は全く気にする様子などなく、ムクッと立ち上がり、経流時の方へ体を向けた。プロ精神が失態を失態に見せない。これは恐怖と伴に、惑いを煽る演出の一つであると。つまりは、そういうことだろう。

「え......大丈夫なのか?」

 経流時はボソッと呟いた。

 女が徐々に距離を詰めてくる。恐怖を駆り立てるように、ゆっくりと。女の一歩一歩に合わせて、経流時も同歩数退いた。

「はあ、散々な人生だったな……」

 恐怖心を紛らわす現実逃避を兼ねて、短い半生を振り返った。

 小学生時代の経流時はよく遊ぶ元気な少年だった。帰宅後は集合の場所へ誰よりも早く向かった。小3からサッカーを始めたのを覚えている。下手糞で、いつもベンチを温めていたが、それでもサッカーが好きだった。

 中学時代に両親を亡くしてから、消極的な性格になった。小学生時代は進んで児童会や学級委員に進んで立候補したが、この頃から図書委員一択になっていた。
 サッカーは続けるつもりでいたが、人付き合いに支障が出て、中1の夏に止めてしまった。何度も友人に引き留められたが、それでもなぜ止める選択をしてしまったのか、今でもわからない。
 それとこの時期は、丁度中二病を拗《こじ》らせていた頃だ。整理をしていると時折出てくる中二ノートを、羞恥のあまり、窓から投げ捨てたこともあった。それは現在も行方不明だが、本当にどこへ行ったんだろう。

 そして現在、経流時の通う高校は、大学進学を志す進学校ということもあり、比較的平和で穏やかな学校生活を過ごしていた。

 間違いだらけで、改めて散々な人生だったが、後悔はない。
 しかし、ここまで振り返って、経流時は違和感を覚えた。
 ――何かが足りない……
 自分の人生これだけだったのか?
 もっと重要なことを忘れていないか?
 経流時は熟考した。今までにないくらい記憶を遡った。

 ――あっ

 そして経流時の思考に一筋の光が差し込んだ。これだ、と思った。
 そう、悲しきかな、たどり着いた結論は《《恋愛経験》》だった。即ち、青春が足りないのだと。死に際に思い出す恋人の笑顔。それが全く無いのだ。

「女子からの初アプローチが、呪殺なんて……」

 経流時は涙が流れないように上を向いた。
 気になる子はいた。好きな人もいた。でも、勇気が出せなかった。自分に自信を持てず、あと一歩のところで足踏みしてしまう。だから、告白できなかった。もしかしたら、と淡い期待を持ったこともあった。しかし、その展開は訪れなかった。それもそのはず。経流時の容姿、学力、センスはどれを取っても平々凡々。これといった魅力に欠けるのだから。

 そして、そんな気鬱な懐古に葺けていた丁度その時、背後の壁が経流時を迎え入れた。これ以上は退けない。

 やはり後悔はあった。
 一度だけでも恋愛がしたかった。誰でもいいとは言わない。しかし、好きな人となんてわがままも言わない。

 ――例え成功しなくても、最後に告白くらいなら!

 だから経流時は叫ぶ。
 その全生命を以《《も》》って。全てを出し尽くす勢いで。全身全霊の魂を込めて。町に、国に、世界に響かせる心意気で。

 女は既に準備万端だった。経流時の前にひっそりと立っている。経流時が一人の世界に入り込んでいたので、待っていてくれたようだ。
 
 今にも命を刈り取ろうと、発せられる威圧感に経流時は唾を飲む。しかし強固な意思は揺るがない。
 
 全力で肺に空気を流し込む。これ以上無理だ、というところまで。肺がきりきりと痛む。しかし、そんな事どうでもいい。

 一世一代の初体験。終わる命に後悔がないように、その男、神谷経流時は、最初で最後の青春を迎える。
 
 そして、バズーカを打ち放つが如く、言い放つ。

「僕と付き合ってください!!」

 経流時の告白《せいめい》が、部屋中に爆ぜた。


両者は沈黙を余儀なくされた。故に、部屋に静粛が齎される。外音すらも、二人の空間を静かに見守っていた。
 経流時は目をギュッと瞑った。怖かったのだ。それは怨霊の存在にというよりも、 その返答が。

 恐る恐る、ゆっくりと目を開ける。そこに怨霊の姿はなかった。
 今にも爆ぜそうだった心臓の高鳴りが、一気に治まる。

「助かったのか?」

 経流時は安堵に胸を撫で下ろした。しかしそう思う一方で、経流時の心には強い悲しみが込み上げていた。
 初めての告白が失敗に終わった。いくら怨霊だからといっても無反応は悲しい。
 まるで興味がない、と暗に示すようになされた無言退場。何かしらの返事は欲しかった。例えばそれが呪殺という形でも、経流時は満足したかもしれない。それ程の充実感があった。今日という日を記念日にしたいくらいに……

 ――いや、待てよ……

 突然、経流時の背中に戦慄が走った。今度は恐怖に、心臓が再び高鳴る。思い出してしまったのだ。

「これ、後ろ向いたらいるやつか?」

 震えた声で呟いた。
 ホラー作品のテンプレ。助かったと安堵したところで背後にいる展開。
 生憎、経流時はフラグとなる爆弾《発言》を設置済みだ。背後に冷たい気配を幻覚した。
 経流時は振り返るのを渋った。このまま知らん振りしてベッドに潜る選択肢もある。
 しかし気になって仕方がない。ホラードラマ等を見る際、背後を振り向く主役に、いつも苛立ちを感じていた経流時であったが、今ではその気持ちが痛いくらい分かった。
 そして為された結論は、「ゆっくり振り向くのが悪い。パパッと見れば大丈夫」というものだった。
 思い立ったが吉日。経流時は素早く後ろを振り向いた。しかし怨霊の姿はない。しかしまだ油断は禁物だ。再び素早く前を向いた。すると、変わらない風景が経流時の瞳に映った。

 経流時は深い溜息を吐いた。
 ――なんだ……
 緊張が解れ、肩の力が抜けると、疲れが込み上げてきた。どこか残念に思う心情が浮かんできた。掛け時計を見ると、0時を周りそうであった。
 早く寝てしまおうと、急いで風呂場へ向かう経流時。そして、ある違和感を覚えた。

「どうしてTVが付いたままなんだ?」

 経流時は不思議そうに首を傾け呟いた。

 TVに映るのは殺風景な林。それに囲まれる井戸が、画面中央に佇んでいる。不気味な白黒の空間。怨霊が登場した映像が映し出されたままになっていた。

 暫くして、再び怨霊が姿を現した。井戸を跨ぎ、ゆっくりとこちらに向かってくる。そして恐怖を煽るこのモーションである。我々が見習うべきプロ意識の見本といえる。

 経流時は再び恐怖した。しかし、怨霊は上半身だけテレビから突き出した状態で静止した。そして右手をプラプラと揺らして見せた。そこには紙が握られていた。手紙のようだ。青いハートのシールで封がなされている。経流時はそれを恐る恐る受け取り、目を通した。

 そこには――

『さっきはごめんなさい。いきなりのことで驚いてしまいました。あなたのことは良く知りませんが、これからたくさんお話しできると嬉しいです。それではまずは《《お憑き合い》》の程、よろしくお願いします! 追伸:私のことは貞美と呼んでください。』

 ――え?

 経流時は言葉を失った。半開きの口も閉じずに間抜けな顔で怨霊を見る。
 彼女は両手の人差し指をつんつんして経流時を見つめていた(表情が見えないので多分だが)。
 その動作から、照れていることは一目瞭然であった。経流時に見つめ返されると、両手で顔を覆って身体をくねらせた。

 再び長い沈黙が訪れる。経流時は幾度も手紙を読み返した。殺害予告か何かだと思っていた経流時からしたら、考えられないことであった。
 
 経流時が硬直する一方で、彼が内容を読み通したのを確認すると、怨霊はゆっくりとTVの中に戻っていった。戻る時も、勿論例のモーションで。
 TVには薄い波紋だけが残った。

 一人残された経流時。両手に掴まれた手紙がひらひらと落ちる。午前0時を告げる鐘が、やけにうるさく部屋に響いた。



ノンレム睡眠 

2020年03月09日(月)11時22分 公開
■この作品の著作権はノンレム睡眠さんにあります。無断転載は禁止です。

■作者からのメッセージ
カクヨム連載小説の一話目を、一部抜粋して投稿しました。おかしな表現や誤字等があればご指摘ください。


この作品の感想をお寄せください。

2020年03月15日(日)21時27分 如月千怜  +10点
どうも初めまして。如月千怜です。
貞子風のお化けとお付き合い……主人公、いくら死ぬ前に恋愛を経験したかったからってお前それでいいのか……

えっと、文法としてはルビの設定がそのままになっているので、この投稿室に掲載する際は消した方がいいと思います。
あと主人公の名前がすごく読みにくいです。ルビがなかったら確実に読めないキラキラネームを意味もなくつけるのは良くないと思います。

ストーリーは悪くないですね。メタ発言が多いのは気になりますけど、ここまで徹底してくれたらそういうコンセプトの作品だからと割り切れますので減点理由にはしてません。
ただもう少しレイアウト確認をして欲しかったです。せっかく面白いのにもったいない(汗)
18

pass
合計 1人 10点


お名前
E-Mail  公開しない公開する
↑作者レスをする場合は、作品投稿時のメールアドレスを入力して下さい。
−− メッセージ −−
作者レス
評価する
 PASSWORD(必須)  トリップ 

<<一覧に戻る || ページ最上部へ
作品の編集・削除
PASSWORD