ノスタルジア
<<一覧に戻る | 作者コメント | 感想・批評 | ページ最下部
 深夜三時の校内にいるのは、流石に僕と彼女の二人だけだった。
 だけど、リノリウムの床は不気味に非常灯の光を照らし、まるで見えない第三者の存在を思わせる。
 八月とはいえこの時間にもなればだいぶ冷え込むけれど、右前方を歩いている白い病院服の彼女はそれをものともしない風にずんずんと前を歩く。彼女の歩調に合わせて、肩から下げている黒のトートバッグも揺れた。
 僕達は目的の三階音楽室を目指している。この後者は空から見下ろすと「ロ」の字型をしていて、南中央の下駄箱から入って、目的の教室は北東三階にあるらしい。早く用を済ませて早く帰りたいのに、どうして一番時間のかかる位置にあるんだ。
 僕達は今、盗みを働くために深夜の学校に忍び込んでいる。
 と言っても、僕は彼女から音楽室に向かうのに付き合えとのお呼びを受けて付き添っているに過ぎず、立案者は彼女だ。何なら僕は音楽室に行って何を奪って来るのかも聞かされていない。
 こんな真夜中に女の子と二人きりというのは本来喜ぶべきなんだろうけど、することがすることなだけに、あるのは今後への不安だけだった。
 窓からは青白い月光が差し込んで、非常灯の灯りと混じり幻想的な色味を映し出している。彼女が歩く足元で群青色のオーロラが泳いでいるようだった。
「あのさ」
「何ですか」
 彼女は振り向かないままに僕へ返事をする。
「どうして僕を誘ったの?」
 それは、彼女から今日のことを聞かされてからずっと気になっていたことだった。僕がアルセーヌルパンに見えたのでもなければ、この計画に白羽の矢が立つ理由に思い至らない。
「誘う、とは」
「この学校に何かを盗みに来たんでしょう? それなら僕なんかより適任がいただろうに」
 僕はこの学校の生徒じゃない。だから彼女に案内されるまでこんな学校があったことすら知らなかったんだ。
 僕と彼女は病院で知り合った。お互いに入院中のところを抜け出したこともあって、彼女が病院服であるように、実は今僕も同じデザインの病院服に身を包んでいる。
 彼女のことは一年程前から知っていた。その頃から入院しているようだったし、僕と同程度には「末期」であることも聞いていた。
 とはいえ、同じ病院で長く生活しているというだけで、僕らには何の共通点もない。
 ましてやこうしてどこかに出掛けるなんてことも、ろくな会話をすることもなかった。
 そんな彼女が、ある日突然僕の部屋を訪ねて来た。そして、今晩の不法侵入の計画を話してきた。
 僕は彼女の背後をついて歩いて来るだけで良いと言われている。万一のことがあって途中で倒れたらどうにかして欲しい、と。
 でも、それならばもっと信頼の置ける人間に事を頼めば良いんじゃないか?
 そういう意味合いで彼女に訊いてみると、抑揚の少ない声音で回答が戻る。
「決まってるじゃないですか。将来有望なそこら辺の健康な人なんて、こんな話に乗ってくれるはずない」
「友達いないの?」
「いるはずないでしょう。この先長くない私と進んで親睦を深めようなんて近づいて来るのは、だいたいクラスで『そういうイベント』があったか、悲劇に酔いたい思春期を拗らせている人だけです。そんなの連れて来たって、仕方ないですから」
「ああ、わかる気がするね」
 それに。と彼女は続けた。
「途中で臆病風に吹かれそうになっても、私より弱々しい人を見ると、多少頑張ろうという気になりますからね」
「あっそ」
 一々そんなことに腹を立てるはずもなく、僕は大人しく彼女の背後を歩く。
 足音だけが反響する廊下で、しかしそれ以外に何も起こるはずもない。僕達は無事音楽室の前に着いた。彼女が部屋の扉の前に立ち止まるから、それに習って僕もその横に並ぶ。
 何気なく扉に手を伸ばしてみた。その扉はスライト式で、取っ手となる窪みに指を添えて力を入れてみても、ガタッという音と共に僅かに揺れただけで、開くことはない。鍵がかかっているんだ。
「どうする? 職員室に行けば鍵くらいはあると思うけど。あ、でも職員室も鍵がかかってるか……」
「鍵は必要ありません」
 いつの間にか彼女は僕の隣から少し離れた、音楽室の扉脇に置かれた飾り棚の前に移動していた。そのガラスケースはこれまでのこの学校が得た、入賞の盾やトロフィー、賞状がいくつも飾られていた。文化系の活動に力を入れて来たのか、僕が両手を伸ばしても足りない幅を持つ棚には、無数の受賞の証が置かれている。
 彼女は棚の前でしゃがみ込み、端から何かを探し始めているようだった。
 やがて中腰で三段目の段に視線を走らせていると「これです」と僕に一つのトロフィーを指差してみせた。大してトロフィーの造形に学があるわけでもない僕には、それは他の数ある物との区別がつかない。
 木製の台座に埋め込まれた金色のプレートを見ると「第23会合唱コンクール 雨原高等学校 優勝」と刻まれている。雨原高校とは、確か彼女から教えてもらったこの高校の名前だった筈だ。
「私、これが欲しいです」
「ああ、そう。じゃあさっさと取って帰ろう。あまり長居しても風邪引いちゃうしね」
 そう言いながら、僕はガラス戸に手をかける。
 しかし、というか案の定というか、やはりここにも鍵がかかっていた。まあ鍵穴のある鉄片が接続部にあったから、こんなことだろうとは思ったけど。
「で、どうする?」
「大丈夫です。ちゃんと用意してきましたから」
 鍵を?
 と僕が訊くより先に、彼女は手で棚から離れるようにと指示した。この後の展開が何となく読めて、大人しく後ろに下がる。
 さっきからずっと肩にかけていたトートバッグから、彼女は透明な瓶のようなものを取り出した。
 それはよく見ると花瓶で、一度だけ彼女の部屋を訪れたときにベッド脇の棚に飾られていたものだった。
「これ、一度だけお見舞いに来たクラスメイトが置いていったものなんです。でも一度しか来なかったから、もうしばらく花も生けてないし、良いかなって」
 何が良いかなんて、訊くまでもない。
 彼女はテニスでもするかのように、緩やかに振りかぶったそれを薄いガラス戸に叩きつけた。
 二、三度叩きつけても花瓶はヒビが入るだけで砕けたりはせず、彼女はそれを良いことにガラス戸に開けた穴を大きくしていった。そこから腕を突っ込み乱暴にトロフィーを引き抜いてトートバックに仕舞い「行きましょう。大丈夫とは思いますが、誰かに音を聞かれたかも知れません」と僕の腕を掴んで、花瓶の残骸をその場に置いていき、足早にその場を後にした。



   ※



「これ、去年の合唱コンクールの優勝トロフィーらしいんです」
 らしい、というのは彼女自身がそのコンクールに出ていなかったからだろう。去年のことなら、確かに彼女はもう入院していた筈だ。
 こんな夜中に警備員がいるはずもなく、僕らは無事に雨原高校を脱出し、病院への帰路についていた。どちらかというと、この後の病院への侵入の方が難しそうだ。見つかれば色んな人に怒られるだろうし。あそこの人達は余命僅かな僕らにだって容赦ないんだ。
「私、あの高校では合唱部に所属していたんです。今も名前だけ在籍しているんですけど、もう同じパートの人の名前も思い出せません」
「僕もそうだよ。今では家族の顔もおぼろげだ」
「ご家族、お見舞いに来ないんですか?」
「うん。別に来て欲しいとも思わないけどね」
「そうですか。やっぱり、あなたを誘った甲斐がありました」
 それは校内で聞いた「自分より可愛そうな人間がいることは励みになる理論」のことだろう。
「私、合唱部に思い入れがある訳じゃないんです。部活だって必ず一つには入らないといけないから、疲れない部活に入っただけで。結局、すぐに入院生活が始まったから関係ないんですけど」
 だから、あの学校で合唱部がコンクールに出たことはテレビで知ったんです。と彼女は言った。
「テレビって、病院の広間に置いてあるやつ?」
「ええ。あそこでトロフィーを持った部長が映ってましたよ」
「羨ましかった?」
「いいえ。ただ、腹立たしくはありましたね」
 ありがちな嫉妬ですよ、と自嘲気味に彼女は言った
「私は恐らく、もうすぐ今みたいに動き回ることも出来なくなって、人生の大半を病院のベッドで過ごすことになります。だけど、多分他の人達は私のことなんて忘れて幸せな人生を送るでしょう。それが不満なわけじゃないんです。ただ、いつか彼らが憎くて仕方なくなったときのための保険です」
「保険?」
「人生もう長くないけど、私は彼らに一矢報いたんだから、これでオアイコだって、納得するための保険です。いざその時になったら、私は文字通り手も足も出ないですからね」
 擦り傷でも良いから傷跡を残したかったんですよ。肩から掛けたハンドバッグを背負い直しながら、そう彼女は呟いた。
 もし僕がこの話を事前に聞いていたなら、手伝っただろうか。そんなことしても何にもならない、と断っていた?
 いや、多分結果は変わらなかったろう。むしろ、もう少しは協力的になっていたかも知れない。
 僕達みたいに何も持っていない人間は、こういう馬鹿げた行為に飢えてるんだ。
 クラスメイトと喋ったり、部活動で汗をかいたり。そんなことが出来ない僕らは、外野からそれに野次を飛ばすことくらいしか出来ない。
 それでも確かにその輝きに触れたくて、僕らは間違った方法で手を伸ばしている。
 確率的な偶然で世の理不尽の一端に触れてしまった僕らは、そのときに正しさなんてものは捨ててしまった。だから、選べるのは間違い方くらいだ。
「そのトロフィー、どうするの?」
「……ああ、そこまでは考えていませんでしたね」
 彼女はふと立ち止まって、手を顎に当てて考え込む。
 そんな様子に、それならさ、と僕は一つの提案をしてみた。
「それ、僕にくれない? 今日のバイト代ってことでさ」
「良いですが……」
 腑に落ちない表情ながらも、彼女はトートバッグごとそれを僕に渡してくれた。
「こんなもの持っててどうするんですか?」
「君と同じだよ。いつか来る日のために、思い出を作っておくんだ」
 それを受け取り、肩にかける。
「これに、あなたは何の思い入れもないでしょう?」
「そうでもないさ」
 僕は今後彼女と関わることもないだろう。でも、きっといつか彼女のことを思い出す。
 友達になれていたかも知れない人達を恨まないようにと、こんな夜中に出張った、優しい彼女。
 そんな彼女は、きっと僕なんかよりも「可愛そう」で。
 もしかしたら彼女とは友達になれたかも知れないと、そんな夢を見れるかも知れないから。
相原 

2020年02月24日(月)11時04分 公開
■この作品の著作権は相原さんにあります。無断転載は禁止です。

■作者からのメッセージ
名前も知らない子と深夜の学校を過ごしてみたいというのは、多くの人が憧れる妄想の一つなんじゃないかなと思い書きました。


この作品の感想をお寄せください。

2020年03月19日(木)15時40分 なめろう  +30点
先のない2人で半ばヤケになって間違いをして、お互いにお互いを哀れんで安心するある夜の話……という印象でした。
2人がお互いに特になんの感情もない、「友達」じゃないからこそなれる関係性……素敵ですね…………

主人公の個性が……という感想もちらほらお見かけしましたが、余命のない少年の諦観を感じて私は好きです。
14

pass
2020年03月12日(木)05時09分 たつやま  +20点
はじめまして。

私としては、素直に面白いと感じました。
主人公のキャラについても、感想での指摘を見るまで気になりませんでした。
相原さんが書きたかったのが「男の子が女の子と深夜に学校に忍び込む」というところですし、描きたかったのは彼女の心の機微であるというなら、今の形でもそこまで大きな問題でもないと思いました。
個人的に乾いた人間性の人物が好みだから、というのはあるかもしれません。

今のままでも、細かいことを気にしないおおらかな人物で、彼女の露悪的な独白を聞いて「優しい」という感想を抱く情緒の持ち主であるということは読み取れます。彼女もまた、彼のさっぱりしたところを察して今回の犯行に誘ったのかな、とも思えます。
主人公君のキャラが濃くてもそれはそれで「邪魔」と感じることも出てきそうなので、難しいところかとは。

けど確かに、読み手の心を動かすほどのものもない、と言えるかもしれません。
扱ってるモチーフからするともっと心に沁みるものがあってもよいと思うのですが、最後が経緯を説明されたままさらっと終わるので「ふーん、なるほどね」という感じです。(語彙力が足りなくてすみません)
例えば、彼はどのような情景で彼女のことを思い出すのか、もしくはどのようなときに彼女を思うのか、というもう少し具体的な描写があってもよかったのかもしれないなと思いました。

一点、気になったことは最後の描写だとなんだか主人公は死にそうにないと感じることです。同じ末期症状の患者と認識していたので、引っ掛かりを覚えました。
あと、校舎を後者と誤変換しています。



10点でなく20点を付けた理由は、わかりにくそうな話を最低限の説明でわかりやすく書けているところです。
劣等感、というリアリティのある少し醜い感情を吐露した彼女が、主人公を通して優しい女の子という結論で終わらせたのは上手いと感じました。
彼らの行動はかなり後ろ向きな気持ちからのものかと思うのですが、読後感では妙にすっきりしていて不思議な感覚でした。
12

pass
2020年02月25日(火)23時09分 相原  作者レス
如月千怜さん

ご感想ありがとうございます。

>犯行のスケールは小さいですけど、素材はとても面白いと思いました。

ありがとうございます。
今回の作品のコンセプトとして、ヒロインである「彼女」のキャラ付けを強く印象付けようという狙いがあったため、面白いと言っていただき光栄です。

>現状ではヒロインの一人称で書いた方が面白くなったのでは、というのが正直な感想です。

前の感想を下さった読むせんさんへの返信と同じになってしまいますが、今回ヒロインのキャラ付けに力を入れるあまり、主人公のキャラクターが薄くなってしまいました。これならば、ヒロイン視点の話にしてしまった方がまだ見栄えがするかもしれません。今後は各キャラクターに個性を持たせようと思います(それがまた難しいのでしょうが)。

ご感想ありがとうございました。

pass
2020年02月25日(火)23時03分 相原  作者レス
読むせんさん

ご感想ありがとうございます。

>主人公の人間性が分かりにくい。一人称だから、下手すればヒロインより主人公の内面が出なくちゃ作品に乗れないし没入できなかったです。

主人公の無個性については指摘ごもっともと思います。
今回の物語では「彼女」のキャラクターを際立たせることに注力していたため、主人公のキャラ付けを疎かにしていた感が否めません。
基本的に、主人公は「彼女」の後ろをついて行くだけの思考する機械と化していたため、何らかの行動、特殊な思考が必要だったかと思います(主人公の印象が「クール」ではなく「退屈」と感じさせてしまった原因は、この辺りにあるのだろうと指摘され気がつきました)。

ご感想ありがとうございました。

pass
2020年02月25日(火)21時41分 如月千怜  +10点
どうも初めまして、如月千怜です。早速ですが感想を書かせていただきます。

この作品のヒロインはいわゆる無敵の人ってやつなのでしょうね。
現実で報道される無敵の人と比べたら、犯行のスケールは小さいですけど、素材はとても面白いと思いました。
……ただ、先の方も指摘していますが主人公の人間性がわかりにくいのは問題ですね。
彼がどんな病気を患っているのか、そのあたりの背景作りが良ければもっと面白い作品になれたのではないのかな、と思います。

現状ではヒロインの一人称で書いた方が面白くなったのでは、というのが正直な感想です。
ヒロインの方が主人公より心理描写や背景が分かりやすかったので……
ただ素材の着眼点は良いと思ったので、練習を重ねれば面白い作品が書けるようになるのではとも思います。

では感想を終わります。執筆お疲れ様でした。
13

pass
2020年02月25日(火)19時43分 読むせん  +10点
主人公の人間性が分かりにくい。
 一人称だから、下手すればヒロインより主人公の内面が出なくちゃ作品に乗れないし没入できなかったです。

 主人公の語彙はロマンっティックさやエモーションさは低い。かといって斜(しゃ)に構えた感じでもない、中途半端な自己嫌悪とかもない。
 そのせいで全体的にぼやーっとした読み心地で、「あ、はぃ」というノリになってしまう。
ドラマティックだったりオチが叙情的だからこそ主人公のパサパサした人間性が惜しい印象。

15

pass
合計 4人 70点


お名前
E-Mail  公開しない公開する
↑作者レスをする場合は、作品投稿時のメールアドレスを入力して下さい。
−− メッセージ −−
作者レス
評価する
 PASSWORD(必須)  トリップ 

<<一覧に戻る || ページ最上部へ
作品の編集・削除
PASSWORD