恋詠み/恋愛短歌投稿サイト

新着/恋の短歌 4ページ目

短歌 点数
逢えなくて逢えないままに時が過ぎ多分このまま逢えないままね
点数:1点
彼女の居ない時にしか電話に出ないそれが答えと知っていたのに
点数:0点
黄昏て人恋しさに滲む街面影揺れる侘びしき晩夏
点数:0点
夏風に吹かれてすぎた短夜の、あの日のゆらぎ1/F
点数:1点
お揃いのキーホルダーが揺れる夏。君の気持ちも揺れる秒夏。
点数:0点
ひと夏の恋の終わりの遠花火別れの余韻侘しく響く
点数:1点
こんなでもお前はええ女やと君以外の男は言ってくれるの
点数:0点
真夜中に喉の渇きをふと覚え火照った軀慰めている
点数:0点
貴方だけ想っていても現実はただ待ち続ける独りぼっちで
点数:2点
貴方にはただ一時の遊びでも忘れられない思い出となり
点数:2点

▼短歌を検索する

▼ユーザーを検索する(投稿者)

▼短歌を投稿する

ページの先頭へ

登録情報の変更、お問い合わせ

ナビゲーション