恋詠み/恋愛短歌投稿サイト

新着/恋の短歌 2ページ目

短歌 点数
歳下の君の肌に寄り添って熱い接吻交わすやいなやと想像たれる秋の夜
点数:0点
反対のホームに立ったキミとボク時の電車がいま引き裂いた
点数:3点
優秀作品二十年生きて涙の止め方も知らないなんて笑っちゃうよね
点数:12点優秀作品
「元気か?」と問う声いつも優しくて否と言えない「うん元気だよ」
点数:0点
だんだんと会わないことに慣れてゆく独りで歩くリュックの重さ
点数:1点
墓場まで持って行く恋でもいつか諦めきれずあなたと5年
点数:1点
窓に伝う雨の雫をあと何度なぞれば彼はやってくるだろう
点数:0点
ひび割れたスマートフォンを灯したら亀裂の走る画面の二人
点数:1点
あっけない口づけのあとバス停の路面に躍る霧雨の音
点数:0点
柔軟剤すこし強めに香るかな抱きしめられる準備が愛しい
点数:1点

▼短歌を検索する

▼ユーザーを検索する(投稿者)

▼短歌を投稿する

ページの先頭へ

登録情報の変更、お問い合わせ

ナビゲーション