恋詠み/恋愛短歌投稿サイト

新着/恋の短歌 2ページ目

短歌 点数
話すことなくて黙って歩いても靴音だけは重なっていた
点数:1点
さりげなく歩幅あわせる帰り道ふたつの影は一つに重なる
点数:0点
右肩をそっと叩かれ振り向けば頬を指さし悪戯な笑み
点数:0点
右肩を強く叩かれ振り向けば頬を指さす悪戯な笑み
点数:0点
夕暮れに伸びる二の影法師手をつないだり腕を組んだり
点数:1点
ふんわりと纏わりついて靴の上あなたみたいな落ち葉が一枚
点数:0点
すらり伸ぶ貴方の指が震うのは4本の弦とわたしのハート
点数:0点
愛してるたった二人の共通語数多の月夜に溶けて、なくなれ
点数:0点
扉越しからんと落ちた合鍵の音も寂しい夜11時
点数:0点
ぬばたまの闇に指さるる陽光と星指す君の白腕恋し
点数:1点

▼短歌を検索する

▼ユーザーを検索する(投稿者)

▼短歌を投稿する

ページの先頭へ

登録情報の変更、お問い合わせ

ナビゲーション