悪魔達のゲーム〜mera game〜  序章
<<一覧に戻る | 作者コメント | 感想・批評 | ページ最下部
リリ リ リ リ リ ッ
部屋に響き渡る目覚ましを俺は止めた。そこには鈴見 玲《すずみ れい》と彫られている机がある。父が作った一点ものだ。唯一の形見。
とりあえず、顔を洗いご飯を食べる。叔父夫婦に行ってきますと言って家を出るここまではいつもと同じだ。
「レ〜〜〜〜イ〜〜〜〜ッ!!!!!」
ここまでは、の意味を分かってくれたと思う。そうコイツ....幼馴染の本堂 美果《ほんどう みか》がいつもより早起きして白いTシャツに黒いオーバーオール、髪には金色のピンとおめかししているのだ。雨が降ると思ったのだけど生憎快晴だ。
「早いな」
俺は思った通りのことを言う。
「当ったり前よ!!美乃梨ちゃんの最後のお願いに付き合うんだからね」
そう、今日は同級生で転校してしまう鮎本 美乃梨《あゆもと みのり》の最後で仲良くしてくれた俺たちと一緒に『エヴァントモール』で遊びたいという願いに応えるためにわざわざ外出しているのだ。
「そういえば護来てないじゃん」
この場にはもう一人の幼馴染、橋場 護《はしば まもる》の姿が見えないがこれこそ当たり前だ。
「一足先に鮎本を迎えに行ってエヴァントモールで合流するって話だろ」
そもそもこの案を提案したのは美果だ。どうやったらそんな風に忘れられるのか....
「あ!そうだったね。じゃあ早くいかないとっ」
美果はそんな俺の思考を気にせず独走している。俺もついてかないと....
---
ー自動ドアを潜り抜けるとそこには沢山の店が立ち並ぶ|楽園《エデン》ー
これが『エヴァントモール』のキャッチコピーらしい。エデンとはなかなか洒落てるとは思う。
「美果ちゃん!鈴見君!」
少し上ずったような声が聞こえた。鮎本だ。こちらは白いYシャツにベージュのニット胸元に赤い大きなリボンと制服っぽいスタイルだ。
「み....美乃梨ちゃん先行かないで....」
後ろでハァハァしてるのはさっき話題だった橋場護。白いYシャツにカーキ色のジャンパーを着ている。
「まもるも体力無いね〜!」
そんな護を美果が背中をバシバシと叩いているのは見て見ぬふりをしておこう。
「鮎本はどこ回りたいんだ?」
ここは、一日使ってギリギリ回り切れるかというぐらいの広さだ。しっかり要望は聞いておかないとアイツらの猪突猛進で動くことになる。
「ゲームセンターかな...あまり行ったことなくて」
「よーし!先導は任せなさい」
よしきたっといった具合で美果が目の前に出る。実は事前にどこを誰が案内するか決めておいたのだ。ゲームセンターは美果の担当、心配事がまた増えた...
「ここはお肉がおいしくて〜ここは野菜が安いんだよ!...」
周りの店にある安い物を説明しながら進んでいるらしい。正直ゲームセンターは入ったところから真反対なので一向に着かない。
「ん....?世界の占い?」
護が横にあった休憩所の様な場所にあるパネルに目を向けた。
「占い....?」
釣られて美果の説明に飽きていたのか鮎本も目を向ける。
「おもしろそ〜!!」
美果はすっかり説明する気失せたみたいだ。
「少し立ち寄るか...」
俺の反応で決まったらしく人混みを退けて進む。
色々な占いの方法がパネルに載っている様だ。

【バラエティ占い〜ほくろ占い〜】
面相占いの一つ、ほくろ占い。あなたも自分で占ってみてはいかが?

「ほくろかぁ.....みんなある?」
美果が聞いてきた。確か俺は手と足と腕にあった気がするが顔にはないはずだ。
「そういえば、美乃梨ちゃんって首元にほくろあったよね。美人の証だって〜いいなぁ」
「そうなの?毎日鏡見てるけど自分じゃ分からない....」
確かに今見た鮎本の首元にはほくろは見えない。
「プールの時に話したじゃん。チョーカー外したところにちょうどほくろがあってさぁ」
「そんな細かいことよく覚えてるね」
鮎本は苦笑している。まぁそうだろうな美果の記憶内容は解剖しても分からないだろうし。
「なぁ〜そろそろゲーセン行こうぜ〜」
占いに縁遠い男子NO.1と言わんばかりの護が痺れを切らして俺たちに声をかけた。興味深くてすっかり俺も見入ってた様だ。
俺達一向が広間に出ようと歩き出したさなかだった。
ドッサァ
近くで商品の小麦粉を運んでいてこぼしたらしく周りに小麦粉が舞っている。
「あ〜せっかくの洋服が....」
「美果はオシャレしないからいいだろ。鮎本さん大丈夫?」
明らかに鮎本をひいきする護に美果は青筋立てているけどそれ以外に嫌な良い感がする。こういう時に一番起こりそうなのは...
パッパチッドガゴォォォ
大きな爆発音が後方でしたかと思うとどんどん連鎖的に爆発がこちらに迫ってきている。そう、粉塵爆発だ。粉塵が舞ってる場所では静電気だけで起きるため比較的起きやすい。
「逃げるぞ!!!!」
護の手を引いて駆け出す。この中で運動が一番苦手なのは護だ。鮎本は美果に任せればいい。
「ちょっと待ちなさいって!!」
そう言いながらも美果は鮎本の手を引いて同時に駆け出す。恐らく電気系統も最悪やられるから早めに逃げたほうがいい。
「「「ゼェハァゼェハァ」」」
美果以外全力で走ったから息が切れている。

ふっ

急に電気が消えた。窓から差し込む陽光があるため真っ暗闇ではないが隣の護の顔が見えるか見えないかという程暗い。2、3秒して電気がついたがまだ本調子じゃないのか薄暗い。

〚はっいは〜い!!みなさんごちゅうも〜く〛

真ん中の大広間に吊り下げられている大型テレビやその他の電光掲示板に黒いニットに着け襟、ベースは黒で一部だけ赤い髪の少女が映った。誰だ?

〚今からみんなにはゲームをしてもらうよ!〛

そういって少女はニタッと笑みを浮かべた
ー続ー
勿忘草 RYPpPvcbeM

2022年11月28日(月)12時50分 公開
■この作品の著作権は勿忘草さんにあります。無断転載は禁止です。

■作者からのメッセージ
序章と書いてある通りまだ、全てかけてません。書けてないどころかまだまだ最初の方です。続き書けたらまたここに追加するか、新たに投稿します。
初投稿ですが厳しい目で見てください。


この作品の感想をお寄せください。

2022年11月29日(火)15時34分 金木犀 gGaqjBJ1LM
 はじめまして、読ませていただきました。

 ストーリーとしてはまだまだこれからですね。
 爆発が起こって謎の赤い髪の少女がでてくるところはうまいと思いました。興味を引かれる冒頭だったかと。

 見たところ、書き始めて間もない方なのかな、と思います。文体としては、魔法のiランドやエブリスタでよく見られるものでした。もしかしたらそういうサイトに投稿すれば気になる読者は少ないかもですが、カクヨムなどの他の投稿サイトならば段落の始めなどに行頭下げされていないのは気になるかもしれません。

 小説がうまくなる方法は、

1小説を書く
2小説を読む
3読んだり、書いたら分析したり感想を書いてみる


 だと、思います。特に書きはじめのときはとにかく書いてみるのが大事だと思います。

 小説を読むときにはうまい作品や面白い作品を片っ端から読みましょう。上手い作品と下手な作品、面白い作品とつまらない作品を見分けるためにはまずは知識が必要です。見分けられるようになれば、自分の作品を客観的に見れるようになると思います。

 見分けるための、3です。分析したり感想を書くようにしましょう。常に感性を磨く(常に暫定的に物事の見方を修正していく)意識が大事ですね。


 さて、この、掌編の間だと、柊木さんや、壁のでっぱりさん、クロレラさん、標識さん、山城時雨さん、kanegonさん、送りまぜさんあたりはうまいかと。

 カクヨムなどの投稿サイトはランキングがありますので、単純に人気があるかどうかで良し悪しを判断できると思います。評価基準は自分が読むものと相対しますので、読んだ本が少なければ少ないほど、比較するものが足りず主観でしか判断できません。

 が、そういう場合は直感でいいです。そもそも好みで作品を読むのが普通ですから、深く考えず読んだままを書いたほうが相手のためになります。


 客観性を得るには他の方の感想で作品上手く書ける作者がいればその感想をあとから見て参考にすると効果的かもしれません。
 人の好みはありますが、読まれる作品には共通点があります。その共通点を考えるといいんじゃないでしょうか。

 ここは鍛錬室です。
 作品の面白い、つまらない。
 感想の巧拙も含めて、誰かの鍛錬に繋がります。どうか、感想を書いてみてくださいね。

 執筆お疲れ様でした。
15

pass
2022年11月29日(火)07時08分 勿忘草 RYPpPvcbeM 作者レス
こちらの作者の勿忘草で御座います。
なぜこちらの作者レスを貼らせて貰ったかというとよく利用規約を読んでおらず此方の作品を完結してないまま載せてしまったことを謝罪したいからです。
此方の落ち度で誠に申し訳ございません。
また、作者はメールアドレスなどスマホの操作にうとく現在、削除・変更の手続きメールが届いてない状況にあります。
そこら辺を読んだ人に理解してほしいため此方の作者レスを貼らせてもらいました。
誠に申し訳ございませんでした。

pass
合計 1人 0点


お名前
E-Mail  公開しない公開する
↑作者レスをする場合は、作品投稿時のメールアドレスを入力して下さい。
−− メッセージ −−
作者レス
評価する
 PASSWORD(必須)  トリップ 

<<一覧に戻る || ページ最上部へ
作品の編集・削除
PASSWORD