カミカクシ
<<一覧に戻る | 作者コメント | 感想・批評 | ページ最下部
 ある村で一人の少女がカミカクシにあった。
 村人は必死に探したが、一向に見つからなかった。
 森の中、建物の間、村人が諦めかけたその時、一人の村人が神社の境内の下を探している時、カミカクシをようやく見つけたのだ。
「見つけた! 見つけたぞ!」
 村人は声を張り上げて皆を集めた。
 そこにはカミカクシにあった少女も来ていた。
「私に髪隠し、ようやく見つけたわ。村人さんありがとう」
 スキンヘッドの少女は髪代わりに頭にいつも巻いていた猫を境内の下から拾い上げると頭に巻いた。
 猫は少女の頭の上で、少し嬉しそうにニャーと鳴いたのであった。
  
鏡ミラー 

2022年10月06日(木)00時11分 公開
■この作品の著作権は鏡ミラーさんにあります。無断転載は禁止です。

■作者からのメッセージ
豆腐メンタルです。
優しく指導お願いします。


この作品の感想をお寄せください。

感想記事の投稿は現在ありません。
合計


お名前
E-Mail  公開しない公開する
↑作者レスをする場合は、作品投稿時のメールアドレスを入力して下さい。
−− メッセージ −−

 PASSWORD(必須)  トリップ 

<<一覧に戻る || ページ最上部へ
作品の編集・削除
PASSWORD