水泡に帰す水泡
<<一覧に戻る | 作者コメント | 感想・批評 | ページ最下部
 仕事から帰ると、パン・メーカーから景品のコップが届いていた。毎日食べているパンについているシールを50枚地道に集めた成果だ。
 懸賞には確実に当たるものしか応募しない、と決めている。確実に手に入るものにしか興味を持たないことにしている、と言った方がいいかもしれない。
 シャツのボタンを外し、居間のソファに腰を落ち着ける。
 箱を開けると、ガラスのコップに自分が小学生の頃に人気だったキャラクターの顔が描いてある。
 当時は彼が出ているアニメを毎週見ていた。毒舌を帯びた鋭いツッコミで、よく笑わせてもらっていたのを思い出した。
 そうだ。
 冷蔵庫に一本だけ貰いモノのクラフト・ビールがあったはずだ。
 コップの横にビールを置きながら、適当にタブレットでザッピングをして観る動画を決定。缶を開けてビールを注ぐ。
 ガラスの透明感がビールの黄金の輝きを引き立てていた。
 もう無理。我慢できない。
 コップを持ち上げ口元に寄せていく。

 その時だった。

 不意に聞き覚えのない声が聞こえてきた。
 最初はタブレットから流れている動画から聞こえてくるのかと思ったが、どうやら発信源が違う気がする。
 「ほんま美味いな、このビール。あんさん、いつもこんなええもん飲んどるんか?」
 コップを目線の高さまで持っていくと、ガラスに描いてあるキャラの顔が表情豊かに動いている、ように見えた。
 状況に対する違和感に意識が支配される。
 視線を上、右、下、左、と素早く送る。眼科の診察時にやらされるアレだ。いつものルーティンのおかげで少しだけ状況を分析する冷静さが戻ってきた。
 目前の絵は流暢に話しているのだ。それなら会話も通じるかもしれない。
 キャラクターの絵に話しかける抵抗を振り払い、口まわりの筋肉をコマンドして動かす。
 「あのーーもしかして、私に話かけているのでしょうか」
 「当たり前やないか! あんさん以外にこの部屋に誰もおらんやないか! 自分、仕事から今帰ってきたとこやろ? 仕事してる時もぼさっとしてそうやな」
 初対面なのにひどい言われようだ。やはりあのキャラなのかもしれない。
 状況は不可解極まりない。とはいえ、ひとまず目前の問題を解決せねばなるまい。
 「今、美味しいビールを飲もうとしているんです。香りや味に集中したいので、ちょっと静かにしていていただけますか」
 「えらいこと言わんといてや。わしはしゃべってないと、すぐに元気がなくなってしまうんよ。堪忍してや」
 心なしか声のトーンが落ちていたので、強く言いにくくなった。
 どうしようか。
 不測の事態による精神的負荷を必死に制御し次の行動を思案する。
 視野の端に動き。
 何かが彼の口から流れていた。正体に気付く。絶望。
 黄金の輝きと純白の泡ーークラフト・ビールが彼の口から流れ出ていた。
 どうやら彼が口を開くたびに、口からコップの中身が出てくるようだ。
 メカニズムには全く当たりがつかないが、現実の問題である以上、対処するしかない。
 僕はコップをつかんで歩き出した。
 負債だ。私にとってこのコップは負債だ。私の飲みもの、という資産を台無しにする負債なのだ。
 「あんさん、まさかーー」
 声が恐怖に震えているが、惑わされてはいけない。
 こうしている間にもクラフト・ビールは滴一滴と失われていく。
「せっかくテレビ画面からシャバに出れたのに、そんな殺生なーー!」
 結局僕がクラフト・ビールを口にすることはなかった。一滴たりとも。
千種遍 
http://twitter.com/chigusaamane
2021年07月23日(金)20時05分 公開
■この作品の著作権は千種遍さんにあります。無断転載は禁止です。

■作者からのメッセージ
「しゃべるコップ」という、お題から発想した作品です。


この作品の感想をお寄せください。

2021年09月10日(金)03時30分 千種遍  作者レス
はちす様

コメントいただきありがとうございました。

>>喋るたびに中身が出てくるコップのはアイディアが面白かったです。
>>関西弁の毒舌キャラというのもイメージしやすくておかしかったです。
>>確かに、こんな喋る気持ちの悪いコップ、一口も口をつけたくないなぁと思わせられました。

イメージを喚起できたようで、よかったです。テンションあがりました笑

>>喋るコップを現実として受け入れるまでが早すぎるように思うので、男が何か妄想などを患っているのかなと疑ってしま>>いました。
ご指摘助かります。さじ加減が難しいですね。
他の方からも「唐突感がある」というコメントをいただいていたので、この作品の、そして自分の課題ですね。

改めましてコメントいただきありがとうございました。

pass
2021年08月29日(日)17時59分 千種遍  作者レス
s.s様
コメントいただきありがとうございます。

>>もっと大仰にリアクションを取った方がいいかもしれません。
読み手が主人公にそういった反応を期待するであろう、という想定はできていませんでした。言われないと気づけませんでした。

>>キャラクターを掘り下げて、キャラクターに変化を与えてみても良かった
具体案もいただき有難うございました。確かにそのような展開の方がより劇的になりますね。
以前にこちらに投稿した作品でも「このように話を膨らませたら、どうか」というご指摘をいくつかいただいているので、私の課題なのだと認識しています。

>>ど根性ガエルを想起させる作品、良かったです!
嬉しいお言葉をいただきありがとうございます!
明確に言語化はしていませんでしたが、無意識で影響は受けていたと思います。

改めましてコメントいただきありがとうございました。

pass
2021年08月29日(日)17時39分 千種遍  作者レス
サイド様

コメントいただきありがとうございます。

>>主人公が冷静に受け止め過ぎていると思いました。
読み手が主人公にそういった反応を期待するであろう、という想定はできていませんでした。

>>必死になって対応を考えた末、「……見なかったことにしよう。ああ、しかし、懸賞だからクーリングオフできねえ!」>>みたいなオチでもよかったかもです。
案をいただきありがとうございます。演出を練るのが上手くなるように、精進したいと思います。

>>ビールがムダになって主人公が静かにキレてる感じがして、面白かったです。
嬉しいお言葉、ありがとうございます! コントラストのあるキャラを配置したかったので、それはできていたのかと思います。

改めましてコメントいただきありがとうございました。

pass
2021年08月29日(日)17時36分 千種遍  作者レス
神原様

コメントいただきありがとうございます。

>>唐突感がぬぐえない
そう感じられてしまいましたか。構成に甘い部分があったのでしょう。ご指摘ありがとうございました。

>>売ればいい値になりそうな気もする。
確かに目的合理性を重視した主人公のキャラを考慮しても「転売する」選択肢を思いついても良さそうですね。考察が甘い部分がありました。

改めましてコメントいただきありがとうございました。

pass
2021年08月29日(日)16時53分 はちす  +10点
拝読させていただきました。

喋るたびに中身が出てくるコップのはアイディアが面白かったです。
関西弁の毒舌キャラというのもイメージしやすくておかしかったです。
確かに、こんな喋る気持ちの悪いコップ、一口も口をつけたくないなぁと思わせられました。

主人公の男については、性格がちょっと気難しそうだなぁという感じがして、感情移入はちょっと難しかったです。
それと喋るコップを現実として受け入れるまでが早すぎるように思うので、男が何か妄想などを患っているのかなと疑ってしまいました。

小学生くらいの子どもが主人公の方が、不思議なものに対する受け入れ方とか無理はな苦なりそうなので、より読みやすくなるのかなという感じはします。

執筆お疲れさまでした。
次回作も楽しみにしております。
1

pass
2021年07月30日(金)17時14分 s.s  +20点
拝読しました。あくまで個人的な意見なのでよしなに。

この話はしゃべるコップに出会い、ビールを台無しにされ、そのコップを始末(割るなり捨てるなり)したと言う話だと思います。
それ自体は悪くは無いのですが、個人的には物足りなさを感じました。他の方も仰ってる通り、しゃべるコップなどと言う奇怪なものにであった以上、もっと大仰にリアクションを取った方がいいかもしれません。
冷静だった主人公が、コップのしでかしたことにより、慌てたり顔を真っ赤にして怒ったら、面白いと思います。

キャラクターの立たせ方がすごく上手いなと思いました。初っ端の懸賞云々の話で、主人公は合理主義者だと言うことが分かりますし、コップも関西弁を使うことで朗らかなキャラであることがわかります。更に、この二人の性格は真逆と言っても良いので、そんな二人の掛け合いは良かったです。
ただ、もう少し、キャラクターを掘り下げて、キャラクターに変化を与えてみても良かったと思います。
主人公はしゃべるコップと出会う、ビールを台無しにされ怒りコップを壊そうとするも、それを察したコップが主人公の幼少期のアニメの記憶を呼び起こし命乞いをする、それにより冷徹だった主人公が笑う。だけど、最終的にはコップを仕舞い込んでしまう。
みたいな感じだと、キャラクターに厚みも増しますし、面白くなるのでは、と思いました。

ど根性ガエルを想起させる作品、良かったです!
3

pass
2021年07月29日(木)20時01分 サイド  +10点
こんにちは、サイドです。
作品、読ませていただきました。

最後どうなったのかを、いろいろ考えたんですが、結局捨てちゃった感じでしょうか。
もしくは封印して二度と使わなかったとか。

物語のインパクトはコップが喋ったというものですが、それを主人公が冷静に受け止め過ぎていると思いました。
ホラーゲーム実況みたいなもので、視聴者が驚けば、配信者もびっくりしていて欲しいのに、「ああ、うん、そうね」と流してしまったため、盛り上がりに欠けたというか。

大げさにでもいいから驚き、必死になって対応を考えた末、「……見なかったことにしよう。ああ、しかし、懸賞だからクーリングオフできねえ!」みたいなオチでもよかったかもです。

とはいえ、ビールがムダになって主人公が静かにキレてる感じがして、面白かったです。

執筆、お疲れさまでした!
3

pass
2021年07月24日(土)14時41分 神原  +10点
こんにちは、拝読しました。

キャラクターの口の位置にちょっと疑問です。中身が全部こぼれるなら、口の位置はコップの底にあると言う事になると思います、と、ちょっと重箱の隅をつついてみたり。

興味を持たないことにしている、これ、ちょっと言い回しがおかしいかも。興味がもてない。なら分かるのですが。興味を自分の意思でコントロールしている、と言う意味になるかと。このままだと。

細かい所は置いておいて、話として少しだけ面白いかな、と思いました。ただ唐突感がぬぐえないので、何か原因になる出来事を追加するのもありかな、と思ったり。

しゃべるコップ。売ればいい値になりそうな気もする。世界中のキャラ絵がしゃべりだしても面白そう。

なんだかんだと書いてますが、他に書く事がないので、少し良かったです。を置いていこうかなと思います。
3

pass
合計 4人 50点


お名前
E-Mail  公開しない公開する
↑作者レスをする場合は、作品投稿時のメールアドレスを入力して下さい。
−− メッセージ −−
作者レス
評価する
 PASSWORD(必須)  トリップ 

<<一覧に戻る || ページ最上部へ
作品の編集・削除
PASSWORD