ホラー~ひとりかくれんぼ~
<<一覧に戻る | 作者コメント | 感想・批評 | ページ最下部
プルルルル プルルルル プルルルル

電話? こんな時間に誰だろう…
[和樹]「あ、出た出た 春くん今何してる?」
[和樹]「さっきさ、コンビニでオカルト雑誌買ってさ」
[和樹]「そしたら``ひとりかくれんぼ``やってて」
[和樹]「面白そうだから 今から近所の怪しげな館でやらないか」
[和樹]「もう道具もあるから 迎えに行くわ」
[春真]「え、ちょまって」
ツゥー ツゥー
[春真]「きれた…」
こうして春真は 半ば… いや 結構強引的に``ひとりかくれんぼ``をやることになった。
[和樹]「じゃ 道具は渡したから何かあったら電話して」
[春真]「待って、和樹は来ないの」
和樹は笑いながら「二人入ったらひとりかくれんぼにならないだろ」と言った
[和樹]「後は頼んだ」
春真は仕方なく館に入った
[春真]「自分で誘っておいて 僕に押し付けないでよ」
その時 上の方から一冊の本が落ちてきた。
[春真]「何これ 日記 少し読んでみよ」
『4月12日 今日からここに住む、とても綺麗な家だ。
     ここを紹介してくれた友人にはとても 感謝しても仕切れない』

『4月22日 ここに住み始めて2日目。
     なぜか雨の日だけ 仮面をかぶった不気味なやつが家にくる。
     でも、もしかしたら俺の錯覚かもしれない。
     明日友人に連絡してみよう。』

『4月29日 俺は確信した 雨の日に来る奴 恐らくあれは人ではない』

[春真]「どうゆうことだろう… あ、早くひとりかくれんぼしなきゃ」

ひとりかくれんぼのやり方

【用意する物】
・ぬいぐるみ
・塩水
・ハサミ
・赤い糸
・包丁
・米

まず ぬいぐるみをハサミで切りさいて中からわたを抜く。
その中に米を入れて赤い糸でぬう。
ぬいぐるみには、必ず名前をつける。
風呂場に行ってぬいぐるみに最初の鬼は私と3回言って10数える。
OO(ぬいぐるみの名前)見つけたと言って包丁をぬいぐるみに刺す。
次の鬼はOOと3回繰り返す。
そして10秒以内に隠れる。
隠れる時は塩水を口にふくむ。
終わる時は風呂場に行ってぬいぐるみに貴方の負けと3回言って口にふくんだ塩水を
ぬいぐるみにかける。
あとは神社で燃やして終わり。

(注意)
隠れる時間は1〜2時間 それ以上隠れたり途中で辞めれば周りの人に被害が及びます。
もしもぬいぐるみが風呂場に無かったら探して元の状態に戻して終わらせてください。

[春真]「和樹は僕にこんなことやらせるの」
[春真]「めっちゃ気持ち悪いこと よくこんなの僕にやらせるよ」
春真はひとりかくれんぼを始めた。
[春真]「よし 後はぬいぐるみの名前を呼んで」
[春真]「次はクマキチが鬼 次はクマキチが鬼 次はクマキチが鬼」
春真は3回そう言った、すると春真の視界は真っ暗になった。
春真は慌てて鉄のクローゼットに飛び込んだ。
そして和樹に電話をかけた。
だが、和樹は出なかった。
外からは雨の音が聞こえてくる。
その時隣の部屋から物音が聞こえてきた。
[春真]「何か来る…」
[春真]「あれは… あ、」
春真は日記を見返した。
[春真]「もしかして」
『雨の日に来る奴』
『人ではない』
春真はやばいと思い、
[春真]「とりあえず、ひとりかくれんぼを終わらせないと」
と言った。
すぐに春真は風呂場に行ってぬいぐるみに塩水をかけようとした。
だが、そこにはぬいぐるみは無かった。
     
Baron 

2021年07月01日(木)12時50分 公開
■この作品の著作権はBaronさんにあります。無断転載は禁止です。

■作者からのメッセージ
初めて書いてみました。
初心者なので頑張ります!


この作品の感想をお寄せください。

2021年08月29日(日)16時29分 はちす  +20点
拝読させていただきました。

フリーホラーゲームの雰囲気がして大変楽しく読ませていただきました。
シナリオの形式ということもあって、まるでゲームのプレイ画面を見ている感覚ですね。
ゲーム冒頭の入り方として完璧だと思います。続きが気になります。

執筆お疲れさまです。
次回作も楽しみにしております。
1

pass
2021年07月06日(火)02時10分 BB  +10点
拝読しました。
初めて書いたとのことですが、掌編ホラーとして良くできていると思いました。
が、「ひとりかくれんぼ」で検索したのですが、以前に流行った2chネタだったんですね。有名なネタなようですが、私は知りませんでした。

それを題材にすること自体は問題ないのですが、それならばもう少しオリジナリティが欲しいです。

元の住人の日記を絡ませた点と、余韻のある終わり方は良かったです。

あと台本形式がダメというわけではないのですが、今作の場合、括弧の前の名前を省いても問題なく読めるので、地の文を少し増やして、普通の小説形式に改めてみてはどうでしょうか。
4

pass
2021年07月01日(木)22時59分 ワタリヅキ  0点
はじめまして、ワタリヅキです。
まずは楽しんで小説を書かれているのが伝わってくるので、そこは良かったと思います。作品の完成度はさておき、ちゃんと書いているかどうかは読めばわかります。
初心者ということで、作文のルールや小説技法はこれから学んでいけば良いと思います。僕も最初は会話分の前に名前を書いて、ほとんど会話文だけの小説を書いてました。

内容ですが、なんとなく不気味な雰囲気は作れています。
場面の変化も描けていて、小説らしさもあります。
これから色々な小説を読んで、ルールを学んで、たくさん書いていけば、作品のレベルは上がっていきそうです。
初心者ということで点数評価は付けません。
頑張ってください!
5

pass
2021年07月01日(木)13時32分 神原 
こんにちは。拝読しました。

まず文章作法を学びましょう。括弧の中の最後には句読点を入れない事。普通の文章のおわりには句点を入れる事。三点リーダーは二つで一つ……。文頭一時字下げを。

括弧の前にある名前を書かなくても伝わる様に書きましょう。もっともっと地の文を書いて、描写しましょう。

___________

物語としてはなかなか良く出来ていると思います。後は文章をもっと書いて、臨場感を盛り上げてください。

ホラーなら読んでいて背筋が寒くなるように書ける様になる事を目指しましょう。

がんばってください。点数評価はなしで置いていきますね。
10

pass
合計 4人 30点


お名前
E-Mail  公開しない公開する
↑作者レスをする場合は、作品投稿時のメールアドレスを入力して下さい。
−− メッセージ −−
作者レス
評価する
 PASSWORD(必須)  トリップ 

<<一覧に戻る || ページ最上部へ
作品の編集・削除
PASSWORD