Back Again
<<一覧に戻る | 作者コメント | 感想・批評 | ページ最下部

「はぁー、人間ってなんて大変なんだろうなぁ。元の姿に戻りてぇなぁ」
 そう呟いてから、ここが満員電車の中だったことを思い出す。
 時すでに遅し。隣でスマホ操作をしていた女子高生二人がこちらを見てヒソヒソ話しを始め、関わると面倒な人物だと思われたのか、周りにいた人々も心なしか距離を空けるように離れていく。
――しまった、つい声に出してしまった。それも結構な声量で。
 野生に居た時の感覚で声を出してはいけない。そして、声を出す時は内容に最も注意を払わなければならない。
 それは、人間社会に出てきて一番最初に教わった、最も重要な掟だった。常に肝に銘じていた筈なのに、日々の疲労でつい気が抜けてしまった。
 鼓動が高鳴り、冷汗が出てくる。
 額に滲んだ汗をポケットに入れていたハンカチで拭う。時刻は23時。仕事を終えアパートへ帰る電車の中だった。
 二、三度咳払いをし、なんとかその場を切り抜けようとしたが、背中には冷たい視線が向けられているような気がしてならなかった。
 人間に長い間疑いの目を向けられると、術が解けて正体がバレてしまう。そうなったら万事休す。もはやここまでか、そう思った時だった。

「あら、高橋君じゃない」

 後ろから、声が届く。
 まさかに僕に話しかけているとは思わなかったから、その声の主が僕の肩をパンっと叩くと、思わず叫び声を上げてしまった。
 電車内にいっそうの緊張感が広がったのが分かる。
「偶然ね、私のこと覚えてる?」
「えっ」
 振り向くと、そこには見たことのないスーツ姿の女性がいた。細身で髪の長い、いかにもキャリアウーマンといった外見だ。僕の知っている全ての人間を思い出してみるが、彼女の外見にも声にも、全く心当たりはなかった。
 人違いじゃないんですか、と声に出そうとした刹那、目の前の彼女が僕にしか分からないくらい小さく頭を横に振り、少し口角を上げて見せた。何も言わなくていい、と言うかのように。訳が分からなかったが、彼女のその仕草に敵意は感じられなかった。
「高橋くん、大学生の時から変わらないね。元気そうで安心した」
 そう言った彼女の声は僕に話しかけているというよりは、車内にいる他の人たちに向けて説明しているかのようだった。
 僕はどうして良いかわからず「久しぶり、ですね」とひとまず話を併せておくことにした。
 やがて、電車が次の駅に到着すると、彼女は僕の腕を掴み「ねえ、この駅前に素敵なお店があるの。ちょっと寄っていかない?」と言って僕をホームへ無理やり連れ出そうとした。
「お、おい」
さすがに抵抗したが、彼女は「いいから、いいから」と言ってその勢いのままに僕をホームへと引っ張り出す。
突然のことで思うように抗えず、僕はつられて電車を降りてしまった。
『扉が閉まります。ご注意ください』
 構内アナウンスが流れ、さっきまで乗っていた電車の扉が閉まる。車内の人たちが窓越しに僕らを見ていたが、やがて電車はホームからゆっくり動き出し、そしてみるみるうちに闇の中に吸い込まれていった。
 僕と、正体不明の彼女とをホームに残したまま。
 
 ***

「……あなたは、誰なんですか」
 初秋の少し冷たい空気を吸い込み、意を決して僕は彼女に問いかけた。
 彼女はさっきまで同じ口調で「ごめんね、突然のことで戸惑うよね」と、あたかも本当に幼なじみであるかのような親しげな笑みを浮かべ「あの状況から君を助けるには、こうするしかなかったんだよ」と釈明した。
「僕を、助ける?」
 状況が掴めないまま、何と返事をすればいいのか分からず狼狽えていると、「ほら、さっきの電車の中で、君は周りの人間たちから怪しまれているみたいだったから」と彼女は言った。
「怪しまれちゃいけない存在でしょ、君って」
 彼女はそっと微笑んだ。
 まるで弾丸で撃ち抜かれたかのような衝撃が全身を襲う。鼓動が高鳴り、寒気立つ。
 まさか、この女には僕の正体がバレているのか。
「一体、あなたは何者なんですか?」
 両足に力を入れ、そう訊ねる。
 すると、彼女はフッと吹き出し「何者なんですか、か。実にストレート質問ね」と笑う。「君はもっと用心深く生きるべきよ」
 そう彼女が言った時だった。
 その瞳が、いや、彼女の全身が、俄に霞んで見えたのだった。僕と彼女との周辺が眩しく光り、白い靄に包まれたように感じる激しい目眩に襲われながらも、僕はたしかに、そうして間違いなく、彼女の本当の姿を一瞬だけ垣間見たのだ。
 きっと、時間にすれば一秒にも満たない刹那で、次の瞬間には、僕らの周りの靄は跡形もなく消え、元通りの駅のホームにいた。
 彼女は何も口にしないまま、僕を置いて唐突に改札の方へ歩き出そうとする。
「お、おい。待てよ。まだ話の途中じゃないか」
 慌てて追おうとした時、彼女は左手を宙に何度か振った。バイバイするかのように。すると彼女の姿は数十枚の葉に変わり、風と共に宵闇へ舞ってしまったのだった。
 あっと思った時にはもうその姿はなく、僕は一人夜のホームに取り残されていた。
 今のは幻だったのだろうか、いや、そうではない。僕は間違いなく彼女を見ていた。そして彼女の、本当の姿を。

  ***

 数日後。
 いつもの通勤電車で帰路についていた時、偶然にも電車の中に彼女の姿を見かけた。あの夜、突如姿を消して以来のことだった。
 彼女はやはりスーツ姿で、どうやらこちらの存在には気付いていないようだった。
 また逃げられないように、僕は出来る限り自然に彼女へ近づいて行き、彼女の肩に手を載せた。
「この間はどうも」
 僕がそう言うと、不意を突かれたように驚いてこちらを振り返った。
「あら、また会ったわね」と、動揺を隠すように明るい口調で言葉を返す。
「突然いなくなるなんて、ひどいじゃないか」と僕が抗議すると、彼女は口元を緩ませ
「あなたとの会話はあれで終わり。終わったから、私はいなくなっただけ」と返した。
「いいや、まだ話は終わってない」僕ははっきりと言った。「大事な話は、これからだろう」
 そうして、僕は元恋人の名前を口にした。
 すると、彼女の瞳に動揺の色が見えた。
 間違いない。僕は確信した。やはりあの時一瞬見えたのは幻覚ではなかった。お互い人間に化けて見た目の姿は違っているけれど、元々は同じ生き物だったということだ。
 僕は深い溜息をつき「駅前の素敵なお店」と呟いた。
「えっ」
「駅前に、素敵なお店があるって言ってただろ。まだ、紹介してもらってない」
 僕がそう言うと、彼女はそっと微笑んで「あれは、あの場をやり過ごす為の適当な口実よ」と言ったが、しばらく考えるように目線を逸らすと「でも、駅前にある素敵なお店は知ってるわ」と加えた。
「じゃあ、そこで話をしよう」僕の提案に、彼女は首を縦に振った。
 まもなく列車は次の駅に到着し、僕らはその近くにある飲食店で、おそらく多様な内容の会話をすることになる。これまでのこと、そしてこれからのこと。
「最初に声をかけてくれた時から、俺のことに気付いていたのか」
 ずっと気になっていたことを訊ねると「まさか、偶然よ」と彼女は笑って返す。
「でも、運命って、きっとそういうものでしょう」
 瞳に映る彼女の微笑みに、僕はある種の感情を抱いていることに気付いていた。どうやら、運命というのは本当にあるらしかった。
「ありがとう」
 まだ伝えていなかった言葉と共に、僕はその運命とやらに感謝していた。


Fin.
ワタリヅキ 
http://kakuyomu.jp/users/Watariduki
2021年06月27日(日)08時16分 公開
■この作品の著作権はワタリヅキさんにあります。無断転載は禁止です。

■作者からのメッセージ
お久しぶりです!以前よく投稿していたワタリヅキと言います。
今回、リハビリ的な感じで久々に小説を書いてみました!
テーマや内容は軽めで、その分、気軽に楽しんでもらえる作品になっていると思います。
ぜひお楽しみください!


この作品の感想をお寄せください。

2021年07月16日(金)21時44分 金木犀 gGaqjBJ1LM 0点
こんにちは。

新海誠の作品にありそうなボーイミーツガールでしたね。
こういう運命的な恋、運命的な失恋、そういうものを題材に選ぶのは、とても素晴らしいことだと思います。いつの時代も、恋は人の関心事です。ロミオとジュリエットしかり、ソロモンの歌、源氏物語含め、誰もがそれを追い求め、それぞれの結末の甘いも苦いも含めて味わえる。

それが、恋愛というものだと思います。

さて、僕は今作、形はとてもよくできているとは思ったんですが、そうした運命的な恋をちゃんと描けているかと言えば、そこまで至っていないような印象でした。

読者としては、よくわからない二人が、よくわからない何かの事情を抱えているのだと突き放され、終わっているような感じでした。


とてもあいまいで、よく言えば「いろいろな想像できる」。悪く言えば「曖昧過ぎて形がぼんやりしているためその想像がうまくできない」状態なのかな、と。


でも、これは一読者の意見です。
今、他の方の作品の(※感想)をを見れば、面白い、と言う方が多いようですので、そっちを作者は信じられたほうがいいんじゃないかな、と思いました。

僕の感想など、つまずきそうな石があるから「石があるぞ」と注意するようなものです。
本当に石があるか、ないのか、石があっても問題ないくらいのものなのか、そういうところは僕にもわからないので、得られた良い評価は大事にしたほうが有益だと思います。


執筆お疲れ様でした。

5

pass
2021年07月10日(土)02時28分 BB  +20点
拝読しました。
面白かったです。人ならざる者の正体を明かさなかったのも良かったです。
私は西洋の魔物を想像したのですが、キツネやタヌキをイメージする方もいて、人それぞれだなと思いました。

私も独り言が多いタチなので、同じようなことをやらかしそうです。
まあ今のご時世、ハンドフリーで電話してるフリをして誤魔化せそうですけど。
ただ、この主人公の場合は呟いてる内容がアレですからね。誤魔化しがきかないかもしれません。

気になった点をふたつ。

仲間同士で気づかないはずなのに、彼女はどうして彼が同族だと気づいたのでしょうか。
最初の発言だけで決めつけるのは、危険だと思います。
女性が声を掛ける直前に、術が解ける前兆みたいなものを描くのはどうでしょうか。

「女性は、同族と知って助け舟を出したが、深くかかわるつもりはなかった。
けれど、元カレだとわかり、かかわりを持つことにした」
という流れだと思うのですが、主人公は元カノの名前しか口にしていません。
これだと女性からしたら「本当の自分を知っている誰か」という事しかわからないはずです。
男は自分の名前を名乗る必要があるんじゃないでしょうか。
7

pass
2021年07月06日(火)21時20分 ワタリヅキ  作者レス
表参道 LynesOLS3s様

ご感想ありがとうございます。
とても嬉しいお言葉ばかりです。
>>主人公が窮地に陥って話の起点となるところなので、きちんとした呟きの理由が欲しかったです。
ここに関しては、たしかにそう感じられるかもしれないなと思います。
色々な方に読んで頂くと気付かなかったことに気づけるので、とてもありがたいです。ありがとうございました。

pass
2021年07月06日(火)00時48分 表参道 LynesOLS3s +20点
こんばんは、ワタリヅキさん。
表参道です。

人間社会に溶け込む不思議な存在の恋愛物語という感じですかね。
謎めいた雰囲気が良かったと思います。

突然女性から声を掛けられる。⇒実は同族だった。⇒実は元恋人だった。
という流れは運命的であり、テーマに沿っているように思えたのも良かったです。

ただ、一つだけ気になった点が。。。
冒頭の呟きの理由が弱いように思います。流石にここで呟くのは迂闊かなと。
主人公が窮地に陥って話の起点となるところなので、きちんとした呟きの理由が欲しかったです。

文章は読みやすかったです。
特に台詞と地の文を組み合わせた書き方は効果的だったと思います。

最後に。
人間に化けていることを利用して「実は元恋人でした」というのは、
上手くやればミスリードにも使えそうだと思いました。

以上です。
執筆お疲れ様でした。

6

pass
2021年07月03日(土)09時34分 ワタリヅキ  作者レス
如月千怜様

ご感想ありがとうございます。
千と千尋の二次創作、覚えていてくださったんですね。めちゃくちゃ嬉しいです。
あれはもう3年ほど前の作品になります。
過去の作品のお話を頂けることは作者として最高に嬉しいです。ありがとうございます。


神原様

ご指摘ありがとうございます。
本当ですね、ちゃんとそれ用の項目があったんですね。大変失礼いたしました。
いえいえ、私はここでは何事も遠慮なく言い合える関係が理想だと思っていますので、ご指摘いただけたことに感謝しています。
もしまた至らないことがありましたら、何なりとお申し付けください。

pass
2021年07月02日(金)21時49分 神原  +20点
余計なお世話だと思ったのですが、


点数評価なしにしたい場合。評価する点数の空白にカーロスを当てて下にスクロールすると点数評価なし、と言うのが出てきますので、それをクリックして、点数評価なしにした方がいいですよ。

0点はあくまで普通と言う評価ですので。

やっぱり余計なお世話だったかも。と思いながら。

5

pass
2021年07月01日(木)18時19分 如月千怜  +30点
どうもこんにちは。如月千怜です。

人間に化けている者同士が出会ったというお話ですね。
後の恋を予感させる良い展開だと思います。特に主人公が駅前のお店に一緒に行きたがるところとかはかなりいいと思います。

実はワタリヅキ様の作品は初見ではなくて、過去に読んだことがあるのですよね。
読んだのは千と千尋の神隠しの二次創作でした。あの作品も短い中で自然に本編につながる良い作品だったと思います。

短い感想で申し訳ないのですが、かなり完成度の高い作品と思いました。
5

pass
2021年06月28日(月)22時29分 ワタリヅキ  作者レス
えんがわ様

ご感想ありがとうございます。
どこまで情報を出すか、あえて出さないかは僕が小説を書く時にかなり悩むところです。基本的に小説の中に説明文を入れるのが嫌いというのもあります。
そこを楽しんでもらえたようでよかったです。

カイト様

「令和版ぽんぽこ」のイメージでしたか!ジブリ好きな僕にとってうれしいイメージです!
人間に化けていると、仲間同士でもお互いがそうだと気づけない、そうなんです、これがこの作品の世界のルールであり、重要なところです。
現実世界にも、もしかしたら彼らが潜んでいるのかもしれないですね 笑
ちょっとドキドキします。

pass
2021年06月28日(月)13時18分 カイト  +20点
こんにちは、カイトと申します。

読後感の爽やかな、「令和版ぽんぽこ」のイメージで読ませていただきました。狸や狐の変化を想像しましたが、正体がぼかされているところもいい具合に興味を掻き立てられます。
「人間に化けていると、仲間同士でもお互いがそうだと気づけない」というのもいいですね。その上で出会えた二人に、確かに運命を感じます。

隣に座っている、あるいは職場仲間は、実は「化けている」のかもしれない。そう思わせてくれる良作でした。

8

pass
2021年06月28日(月)10時17分 えんがわ  +30点
うん。
正体をタヌキやキツネ、物の怪とか想像していたのですが。

上手いとこそこを伏せて、代わりに彼女と僕の関係を描く辺り、とても暖かな爽やかな風が吹きました。

過去にどんなことがあったのだろう?
彼女は僕にどんな気持ちを持ち続けているのだろう?

など、そういうところも描きすぎていないのが、自分は好きです。
良い余白と言うか余韻になっていると思います。
12

pass
2021年06月27日(日)19時54分 ワタリヅキ  作者レス
神原様

ご感想ありがとうございます!
まず、ご指摘の点ですが、僕の考えでは、主人公は人間ではない何かであり、彼女は少なくとも見た目は人間であるというところから、一しぐさから敵意は感じなかったにしても、やはり警戒すべき相手として映るのではないかと考えていました。動揺している環境下であればなおさら、と。
ただ、おっしゃって頂いたように冷静に考えてみると、彼女の行動は彼にとって救ってもらえると感じるものかもしれません。
ご指摘頂いて初めて気付きました。ありがとうございました。

pass
2021年06月27日(日)14時50分 神原  +20点
こんにちは、拝読しました。

一読して、主人公の察しの悪さにちょっと戸惑いました。正体がバレる寸前の出来事で何も言うなと言う事を理解した主人公が彼女に合わせた後に「おいっ」と反抗するのが分からないと言うか。連れ出してくれる=救ってもらえるとは主人公が思っていない様でもやもや。


それ以外は普通に楽しめました。初読で20点くらいだろうか? と感じたのでそのまま良かったです。を置いていきたいと考えます。

指摘できる部分があまりない場合、感想が短くなる人(私)ですので、これくらいでお暇します。これからもがんばってください。
6

pass
合計 7人 140点


お名前
E-Mail  公開しない公開する
↑作者レスをする場合は、作品投稿時のメールアドレスを入力して下さい。
−− メッセージ −−
作者レス
評価する
 PASSWORD(必須)  トリップ 

<<一覧に戻る || ページ最上部へ
作品の編集・削除
PASSWORD