風通し計
<<一覧に戻る | 作者コメント | 感想・批評 | ページ最下部
 とあるベンチャー企業が、画期的な製品の開発に成功した。

 そうなれば次に欲しいのは、最初の成約だ。
 社長は社員たちに総力を挙げて売り込みに力を注ぐよう指示を出し、自らも営業に励んだ。広告を打ち、通信販売サイトも立ち上げた。
 しかし一ヶ月、二ヶ月、三ヶ月と経っても、成果は挙がらなかった。
 立ち上げたばかりのベンチャー企業で収入はゼロ。
 資金が足りなくなる事態も、現実味を帯びてきていた。
 困り果てた社長は、経営コンサルタントをしている友人を自社の事務所に呼び出し、アドバイスを受けることにした。

 「……というわけなんだ。問題はどこにありそう?」
 「『風通し計』か。アイディアは目を引くと思うけどね」
仕立ての良い背広に身を包んだ友人が、「風通し計」を手に取る。早速外見を吟味し始めた。
 ガラス棒を模した入れ物の中で、赤色のメーターが上下することによって数値を示すことができる。一昔前の温度計や湿度計を想い起こさせる作りだ。懐かしさを感じる人も決して少なくないだろう。
 「経営者や管理職はみんな、風通しをできる限りよくしたいと悩んでるし」
 「職場に設置するだけで、簡単に風通しのよさを計測できる。計測時間も10秒とかからず手軽で場所も取らない。
 導入するハードルは低いはずだから、問題は商品の価値を伝えきれていないことにあるのかもしれないとは思っているけれど、だんだん自分の見立てにも自信が持てなくなってきてるんだ」
 正直な心情を吐露した社長は、心して友人の言葉を待っていた。飄々とした性格で一見軽はずみな発言をしているにも見えてしまう。しかし内容は昔から的確で、社長は出会った当時から友人の見識に信用を置いていた。
 「どういう原理で動いているの」
 「職場のコミュニケーション・ネットワークの広がり方や、やりとりに含まれる単語のポジティブさなどを数値化して、事前に作成してある基準に当てはめおよその順位を算出しているんだ。
 測定基準を作成するために百以上の組織に協力を依頼して、正確な値が安定して算出されるように調整するのは骨が折れたよ」
 「使い方は?」
 「職場の風通しの良い場所に置くだけ」
 友人は窓枠に「風通し計」を立てる。86.17という数値を示した。
 「これさ、IQと同じ算出方法なんだよね?」
 風通し計には目盛りが表記してあり、最低値の70から10刻みに80, 90と続き、最高値の130まで続いている。
 「ああ」
 「1000番のうち、900番目くらいってことになるけど?」
 返す言葉もなかった。
 「まずはこの事務所と、自社の風通しを良くするところから始めるべき、というところかな?」

「念のため聞くけど、最後に社員と雑談したのは?」
「……三週間くらい前になるかな」
「社員の意見を十分に吸い上げられてるのか、不安にさせるには十分な回答だね」
 振り返ると、確かに売り上げ目標の達成に囚われて視野が狭くなっていたかもしれないと思えてきた。最後に社員の顔を見て、会話したのはいつだっただろうか。
「それと、現状を把握できるだけではお客さんはお金を出さないんじゃない?
どうすれば組織の風通しをよく出来るか。その具体的なやり方なら欲しがるよ。
だからまずは自社の風通しをよくして、『風通し計』で客観性を伴った形で証明する。その時に実際に使った手法を再現性を伴った形で広めていけば、『風通し計』もどんどん売れるかもね。
 まぁ、手遅れになる前に気づけて良かったんじゃない?」
千種遍 
http://twitter.com/chigusaamane
2021年06月02日(水)07時57分 公開
■この作品の著作権は千種遍さんにあります。無断転載は禁止です。

■作者からのメッセージ


この作品の感想をお寄せください。

2021年07月15日(木)03時25分 千種遍  作者レス
ワタリヅキ様

コメントいただき、またアイデアを褒めていただきありがとうございました。

オチは自分でもしっくりをきていないです。

ストーリー展開やモチーフを起点に考え出す癖があり、キャラの書き分けやキャラ付けに自信がありません。
無理矢理キャラ2人だけで完結させようとしているフシがあるのも自分の問題なのかも知れません。
社員を複数出して大丈夫か、と思ってしまっています。

改めましてコメントいただき、ありがとうございました。

pass
2021年07月15日(木)03時25分 千種遍  作者レス
BB様

コメントおよび+点いただき、ありがとうございました。

順序を変えるだけで、劇的に印象が変わりますね。
ヒキ(期待感)を持たせること、あえて情報を削ぐことも、もっと意識しないといけないですね。

改めましてコメントいただき、ありがとうございました。

pass
2021年07月15日(木)03時23分 千種遍  作者レス
金木犀様

コメントいただき、ありがとうございました。

膨らませるためのアイディア、参考になりました。
ショートショートとして描き始めたので、短く終わらせようとしたのですが、ちょっとオチを見失った感じがあります。
設定をもう少し詰めるだけで、マシになりそうですね。
分量を増やして書き直してみようと思います。

改めましてコメントいただき、ありがとうございました。

pass
2021年07月15日(木)03時15分 千種遍  作者レス
神原様

コメントいただき、ありがとうございました。

オチとしては、落差が足りないとのご指摘、大変参考になりました。
最初にショートショートとして描こうと考え、ショートショートのまま終わらせました。
読み返してみると、描写不足の部分もあるように感じます。
膨らませるか、オチを考え直すか、再検討してみようと思います。

改めましてコメントいただき、ありがとうございました。

pass
2021年06月27日(日)10時36分 ワタリヅキ  -20点
こんにちは、ワタリヅキです。
少し厳しい評価になってしまいました。
風通し計というアイデアは面白いと思います。
文章の書き方も、星新一のようで、掌編向きだと思います。
ただ、他の方も言われているように、オチが残念過ぎます。非常に。
なんだか書くのをあきらめてしまったかのようなブツ切り感があります。
終わり方次第で、すごく良い作品になりそうな感じがするだけに、もったいないです。

例えば、です。
社長はなぜこの製品を開発しようと思ったのでしょうか。
それは、世の中の会社の風通しをよくしたい、風通しの悪い会社が多すぎる、と社長自らが感じる何らかの経験があって、彼はそれを何とかしたいと思う情熱があったのではないでしょうか。
そこをもっと描いてみてはどうでしょう。
そしてようやく製品が完成し喜ぶも、思うように売り上げが伸びず、いらいらしていく。
最終的に自分の机の上に置いてあった風通し計の数値を見て、自社の風通しの数値が最低になっていることに気付く。ああ、自分は間違っていた、と。
こんな流れで描けば、オチらしい感じがします。
一見同じようなプロットでも、描き方、情報の見せ方で次第で小説は全く別の顔を持つと思います。
だからこそ面白いですよね。
これからも作品制作頑張ってください。
13

pass
2021年06月15日(火)00時08分 BB  +20点
拝読しました。
「風通し計」を製造販売している会社の営業不振の原因を探ってみたら、自社の風通しの悪さだった。
と、いうお話。

テーマは、「医者の不養生」と言ったところでしょうか。
類似のことわざを調べてみると「易者の身の上知らず」というのがあって、こちらの方がシックリくるかもしれません。
掌編らしくて、良い作品でした。

ただ、最後の段落が長すぎて、オチがぼやけている印象。
説明したい気持ちはわかりますが、オチの後は短くまとめた方が決まります。
例えば構成を変更して

「使い方は?」
「職場の風通しの良い場所に置くだけ」
 友人は窓枠に「風通し計」を立てる。
「念のため聞くけど、最後に社員と雑談したのは?」
「……三週間くらい前になるかな」
「社員の意見を十分に吸い上げられてるのか、不安にさせるには十分な回答だね」
 振り返ると、確かに売り上げ目標の達成に囚われて視野が狭くなっていたかもしれないと思えてきた。最後に社員の顔を見て、会話したのはいつだっただろうか。

この後に、コンサルから「これを見てごらん」と差し出された風通し計の数値を見て、主人公が愕然とする。
という展開ならインパクトが残せるんじゃないでしょうか。
時にはケレン味も必要かと。
17

pass
2021年06月03日(木)07時06分 金木犀 gGaqjBJ1LM 0点
こんちゃ拝読しました。

「風通し計」ということで、僕は空調関係の発明なのかな、と思いました。
コロナにより、三密にならないよう空調設備を充実させなければいけないところが増えたと思うので、たしかに需要がありそうだな、と思ったんですが、どうやらそっちじゃないようですね。

会社内のコミュニケーションなど、人間関係が円滑かどうかを客観的に図る道具のようですね。


と、そう考えて読むと、色々数値とかってどうやって図っているのかとか謎でした。

水銀温度計みたいなもので数字をはかるようですが、これは見た目がそうというだけみたいですね。計測時間も十秒とかからない、みたいなことが書かれていますが、円滑かどうかを図るのに、それくらいしかかけないって、かなりの誤差がありそうですね。そのときに喋ってたら円滑だと判断され、喋ってなかったら円滑ではないと判断されそうです。それと職種によってもおける場所は限られますね。デスクワークならいいですが、外の仕事が主だったらどうなんでしょう。またなにをもって円滑とするのか、ここでは雑談できていることが良いことだとされてますが、雑談だけで終始していて、仕事内容のほうれんそうができてなかったらそれはあかんことになるとおもいます。また雑談せずとも、効率的に仕事で来ている職場ってありそうですよね。なぜ雑談を重要視するのか、わかりませんでした。

順位にしても、その算出方法はかなり濁していますし、結局その装置の有用性がわかりませんでした。


オチは「この風通しを使ってどのようにすれば風通しがよくできるのか、それを知りたいんだ」というものでしたが、そこの部分は同意でした。が、結局この風通しというアイテムのアイディアだけを語る内容で、しかもそれが画期的でもなんでもないというのは読んでて肩透かしでしたね。

もっと「画期的なアイディアなんだ!」という驚きとか、「画期的なアイディアだったのに、取り入れたらこんなトラブルがおきたよ!」という予想外の事態にさせる必要があったのではないかと思います。

「起承転結の転がない状態でおわっている」と言えるかもしれません。


今度はその「転」、起承で書かれた内容とは関係のない出来事をはさんで事件を起こしてみる、ということを考えてみるといいのではないでしょうか。


執筆お疲れさまでした。



10

pass
2021年06月02日(水)18時10分 神原 
こんにちは、拝読しました。

えと、で、落ちは? と思いました。起承転結の起承までで構成されている様に見えます。

この内容なら、もう少しどんと落とすとか、何か起こってほしいかも。

文章はもう少し描写を使って書けそうだな、と思いました。

以上から、私は評価外を置いていきたいと思います。ではでは。
22

pass
合計 4人 0点


お名前
E-Mail  公開しない公開する
↑作者レスをする場合は、作品投稿時のメールアドレスを入力して下さい。
−− メッセージ −−
作者レス
評価する
 PASSWORD(必須)  トリップ 

<<一覧に戻る || ページ最上部へ
作品の編集・削除
PASSWORD