吾輩はシュレディンガーの猫である
<<一覧に戻る | 作者コメント | 感想・批評 | ページ最下部
 吾輩はシュレディンガーの猫である。名前はまだ無い。
 昨日、拾われたばかりである。
 餌を与えられ、体を洗われ、健康を確認されたところまでは感謝の言葉しかない。
 しかし、謎の箱に入れられてからは雲行きが怪しい。この箱はなんだろうか。
 吾輩が簡単に入るほどの大きさがある箱である。天井は高く、頑丈そうに見える。まるで何かが暴れることを想定しているかのようである。
 箱の中にあるのは謎の噴射口のみ。天井付近に設置されている。
 吾輩は慣れない環境のため、落ち着けずに箱の中をぐるぐると回っていた。
 しばらくすると「ピー」という電子音が響いた。吾輩はびくっとしてから身構えるが、どうやら何も起きないようである。
 数秒ほど経つと、ご主人が箱の天井を開けた。
「おお、無事だったか」
 ……無事だった?
「ちょっと待ってくれ。もう一度やってみよう。確率で言えば、次はガスが出る計算だ」
 ……ガス?
「よし、準備完了だ」
 そう言って、ご主人は箱の天井を閉じた。閉じやがった。
 おい待て! 無事じゃ済まないガスが出るの!? 確率で!?
 吾輩は暴れることにした。
 まずは箱の壁に突撃する。何度も体当たりするが、びくともしない。まるで想定通りと言わんばかりである。
 次に天井へと跳び上がり、拳を叩きつける。しかし天井までは距離があり、触れることはできても強い衝撃を与えられない。
 最後の手段として、天井付近の噴射口へと狙いを付ける。だが、小癪にも噴射口は小さな穴の空いたプラスチックでカバーされていて、直接攻撃ができない。
 そして「ピー」という電子音が響く。
 ――おいご主人! 最期に言わせろ!
 ――捨て猫を実験動物として拾うな! 猫である必要もないだろ!
 ――そもそもこれは思考実験じゃねーか! 現実でやろうとするな!
 しかし噴射口からガスが出ることはなく、しばらくするとご主人が天井を開けた。
「おお、今回も無事か。運の良い奴だ」
 ……吾輩が死ぬことは決定しているのではないだろうか?
表参道 LynesOLS3s

2021年05月30日(日)23時59分 公開
■この作品の著作権は表参道さんにあります。無断転載は禁止です。

■作者からのメッセージ
お久しぶりです(あるいは初めまして)、表参道です。

追い詰められたキャラクターのリアクションを練習したいと思って書きました。

楽しんでいただければ幸いです。
また、よろしければ感想を残してもらえると嬉しいです。


この作品の感想をお寄せください。

2021年07月17日(土)21時02分 表参道 LynesOLS3s 作者レス
こんばんは、☆多摩ネギ小僧さん。
表参道です。

>動物の感情がしっかり伝わってくる作品でした。
 ⇒ありがとうございます。

>この猫が今後どうなるのかとても気になるとこです。
>飼い主も何故実験をしているのか気になるところではあります。
 ⇒この作品の場合、その辺りまで書いてしまうとコメディではなくなってしまうと思うんですよ。
  悲しい話か良い話に着地するしか思いつかない。
  そうなると、目的がぶれてしまう。。。難しいです。

以上です。
感想、評価ありがとうございました。


pass
2021年07月14日(水)12時48分 ☆多摩ネギ小僧  +40点
こんにちは、拝読しました。

動物の感情がしっかり伝わってくる作品でした。

この猫が今後どうなるのかとても気になるとこです。
飼い主も何故実験をしているのか気になるところではあります。

とても素晴らしい小説をありがとうございます。
5

pass
2021年06月09日(水)04時48分 表参道 LynesOLS3s 作者レス
こんばんは、BBさん。
表参道です。

>初めて連れてこられて何にも知らないはずなのに、実は実験について精通している。
>という設定、メタ発言が、ギャグ小説らしくて良かったです。
 ⇒はい。仰る通り、以下二行は完全にメタ発言です。突っ込んでくれて良かった(笑)。
  もしも現実でやられたら、猫はこう言いたいんじゃないかと妄想しました。
  
  >――捨て猫を実験動物として拾うな! 猫である必要もないだろ!
  >――そもそもこれは思考実験じゃねーか! 現実でやろうとするな!

 ⇒ただ、以下は「ご主人=シュレディンガー」という情報から話している想定で書いています。
  不評っぽいので、フォローが必要でしたね。
  「シュレディンガー家に拾われた」みたいな表現があるべきだったと思っています。
  あるいは、ご主人が「お前はシュレディンガーの猫だ」と言っていたとかかな。

  >吾輩はシュレディンガーの猫である。名前はまだ無い。

>出来ればもう少し実験についての解説もして欲しかったですね。
>ただ、どこまで説明するかのサジ加減が難しいんですよね。
 ⇒そうなんですよ!
  読者がどこまで知っている前提で書くべきか。ギャグとして書く上でどこまでを必須の情報とするべきか。
  この辺りが難しくて。。。どうやら情報量が足りてなかったようです。反省ですね。

>量子力学の不思議さに触れて欲しいという、想いもあったんですが、
>御作を読むとそこまで気負う必要はなかったようです。
 ⇒僕は量子力学を専門的に勉強しているわけではないので、
  あくまでお話のモチーフという考えで使っています。ギャグに逃げたとも言う(笑)。
  量子力学の本質に触れられるのであれば、その方が深みが出るというメリットはあるかと。

>追い詰められたリアクションの習作としては、物足りなかったです。
>もう1ターン、次に開けられるまで続けて、
>リミッター外してさらに暴れさせる、というのはどうでしょうか。
 ⇒はい。今読み返すとオチが早過ぎですね。あと弱い。
  暴れるのはありだなぁ。でももう暴れるネタがないんですよね。
  今考えている改善案は、次のターンで「死んだふり」とかかな。でもご主人が見抜くのです。。。

以上です。
感想、評価ありがとうございました。


pass
2021年06月09日(水)00時15分 BB  +30点
拝読しました。
私も「シュレディンガーの猫」を題材にした作品の構想があったので、先を越されてちょっとだけ悔しかったです。ちょっとだけどね。

本来、箱を開けるまでが重要なのに、何度も開けられる猫が気の毒で、笑いました。

>吾輩はシュレディンガーの猫である。名前はまだ無い。

>――捨て猫を実験動物として拾うな! 猫である必要もないだろ!
>――そもそもこれは思考実験じゃねーか! 現実でやろうとするな!

初めて連れてこられて何にも知らないはずなのに、実は実験について精通している。という設定、メタ発言が、ギャグ小説らしくて良かったです。
出来ればもう少し実験についての解説もして欲しかったですね。

ただ、どこまで説明するかのサジ加減が難しいんですよね。

私は量子力学まで解説をしようとして、迷宮に入り込んで抜け出せなくなりました。
量子力学の不思議さに触れて欲しいという、想いもあったんですが、御作を読むとそこまで気負う必要はなかったようです。
勉強になりました。

追い詰められたリアクションの習作としては、物足りなかったです。

もう1ターン、次に開けられるまで続けて、リミッター外してさらに暴れさせる、というのはどうでしょうか。
23

pass
2021年06月02日(水)00時11分 表参道 LynesOLS3s 作者レス
こんばんは、ナイアードさん。
表参道です。

>なんともユーモアあふれる猫ですね。
>暴れる様子が浮かびました。
 ⇒それは良かったです。本人はいたってマジメというキャラです。

>気になったのが、
>吾輩はシュレディンガーの猫である。名前はまだ無い。
>に違和感を感じました。
 ⇒あー、やっぱり気になる人がいましたか。。。フォローさぼっちゃった。。。
  一応、言い訳をさせてもらうと、シュレディンガーというのは量子力学の偉い先生の名前なのです。
  なので裏設定の話をすると「ご主人=シュレディンガー」みたいなイメージです(先生に謝るべきか)。

>などから、冒頭から違和感を感じたので、心から楽しむ事が出来ませんでした。
>ただの私の読解力不足だと思うので、気にしないでください。
 ⇒いやいや、僕のサボりですね。。。甘かった。
  ページ数に余裕ありまくりなんだから書くべきですね。反省します。

以上です。
感想、評価ありがとうございました。


pass
2021年06月02日(水)00時01分 表参道 LynesOLS3s 作者レス
こんばんは、無骨頸骨さん。
表参道です。

>置かれている状況は危険そのものなのに、猫の性格が明るいためすっきり読むことができました。
 ⇒それは良かった。
  シリアスなのに良いリアクションする奴みたいにしたかったので。

>この猫さんは強運そうな感じがするので、
>科学者がどう頑張ってもなんだかんだで生きていける気がしたのが面白かったです。
 ⇒ああ、確かにずっと生きてそうだなぁ(笑)。むしろそこをオチにすれば良かったかなぁ。
  「死なねーじゃねーか」とか「いっそ殺せ」とかかな。。。参考にさせてもらいます。

>読みやすくて面白かったです。
>素敵な文章をありがとうございました。
 ⇒ありがとうございます。

以上です。
感想、評価ありがとうございました。


pass
2021年06月01日(火)23時55分 表参道 LynesOLS3s 作者レス
こんばんは、サイドさん。
表参道です。

>シュレーディンガーの猫の理屈を詳しく分かりません。
 ⇒大丈夫です。

>ただ、御作においてはそこはあんまり考えず、
>単純に「拾われた猫が何かマッドな実験に巻き込まれる」みたいなコメディであるなら、
 ⇒はい。仰る通りだからです。
  定期的に音が鳴る箱に猫を入れて、ご主人が思わせぶりなことを呟いて遊んでいるだけと解釈されても、
  作品の本質的な部分(猫のリアクション)に問題はありません。

>というブラックユーモアな感じではなく、
 ⇒なるほど。仰る通りですね。
  ラストはすんなり決まっちゃった感じだったのですが、読み返すと明らかに勢いが落ちてますね。
  僕なりにやるなら、最後にもう一回突っ込ませるかな。。。勉強になります。

>文章自体は読みやすく、さっと読むことができてよかったと思います。
 ⇒ありがとうございます。

以上です。
感想、評価ありがとうございました。


pass
2021年06月01日(火)23時42分 表参道 LynesOLS3s 作者レス
こんばんは、金木犀さん。
表参道です。

>お話としては面白かったです。
 ⇒ありがとうございます。

>が、リアクションはイマイチかと思いました。
 ⇒あら、事実上猫がリアクション取ってるだけの作品なので、残念ですね。

>ならば初めて連れてこられて不安になり鳴き声を上げたり、カリカリと壁を削ったり、天井に飛んだり、
>もしくは案外居心地が良くて、眠ったりするやもしれませんね。
 ⇒なるほど。リアリティのなさが目立つ感じですかね。
  ……まあ、有名な実験を使っておきながらリアリティを考えてないですからね。
  そりゃあ気になるか。次は意識するようにします。

>なんにしてもギャグとしてはありですが、追い詰められたキャラクターのリアクションとしては不可解でした。
 ⇒ほとんどギャグとして書いてるので、そちらなら「あり」というのは良かったです。
  しまった。作者メッセージが良くなかったかな。コメディ調のリアクション(芸)のつもりでした。。。

以上です。
感想、評価ありがとうございました。


pass
2021年06月01日(火)23時33分 表参道 LynesOLS3s 作者レス
こんばんは、神原さん。
表参道です。

>素直に面白かったです。
 ⇒ありがとうございます。

>ですが、シュレディンガーの猫って開けると死亡するではなかったでしょうか?
 ⇒あー、そのパターンも聞いたことがある気がする。。。
  元々の内容は、量子力学だと原子崩壊が起こるとき、
  複数の状態が同時に存在すると考えられているのですが、
  その関連研究に対するシュレディンガーさんの反論だったはず。

  「最近の研究だと観測した瞬間に複数の状態が一つの状態に収束するとか言ってるけど、
   その考えだと原子崩壊をランダムに起こして、その結果として猫が死ぬようにした場合、
   観測するまで『死んでる猫』と『生きてる猫』が同時に存在することになるけど本気?」

  こんな感じだったと思ってます。
  必ず死亡するパターンについては、僕は箱を開ける前の状態を再現するバリエーションで教わったような?

>まあ、面白かったので、私は面白かったです。を置いていこうかなと思います。
 ⇒ありがとうございます。シンプルでいいと思います(笑)。

以上です。
感想、評価ありがとうございました。


pass
2021年05月31日(月)22時40分 ナイアード  +10点
こんばんは。

なんともユーモアあふれる猫ですね。
暴れる様子が浮かびました。

気になったのが、

〉吾輩はシュレディンガーの猫である。名前はまだ無い。

に違和感を感じました。
というのも
・今現在自分の置かれている状況を詳しく把握してない
・シュレディンガーの実験の事を知っている様子もない
・だけれどもシュレディンガーと言う言葉を知っている

などから、冒頭から違和感を感じたので、心から楽しむ事が出来ませんでした。
ただの私の読解力不足だと思うので、気にしないでください。

ではでは。

24

pass
2021年05月31日(月)19時05分 無骨頸骨  +20点
こんにちは。拝読しました。

置かれている状況は危険そのものなのに、猫の性格が明るいためすっきり読むことができました。

この猫さんは強運そうな感じがするので、科学者がどう頑張ってもなんだかんだで生きていける気がしたのが面白かったです。(勝手な想像申し訳ありません……)

読みやすくて面白かったです。
素敵な文章をありがとうございました。
25

pass
2021年05月31日(月)18時58分 サイド  +10点
こんにちは、サイドです。
作品、読ませていただきました。

僕は思考実験というのがイマイチよく理解できないタイプの人間で、(司法取引とか、そういうのももやもやします)シュレーディンガーの猫の理屈を詳しく分かりません。

ただ、御作においてはそこはあんまり考えず、単純に「拾われた猫が何かマッドな実験に巻き込まれる」みたいなコメディであるなら、最後は、

>……吾輩が死ぬことは決定しているのではないだろうか?

というブラックユーモアな感じではなく、

>さて、道理を外した人間にかける情けもなし。
>次、天井を開けた時、どうやってその横っ面引っ掻いてやろうかと吾輩は考え始めた。

みたいな、気の強いヤンチャ猫としたらリアクションとしてコミカルに見えるかな、と思いました。
ただ、この辺りは個人の趣味なので、「そういう考え方の奴もいる」ていどに受け取っていただければ幸いです。

文章自体は読みやすく、さっと読むことができてよかったと思います。

以上です。
執筆、お疲れさまでした!
29

pass
2021年05月31日(月)06時44分 金木犀 gGaqjBJ1LM +10点
こんにちは。

お話としては面白かったです。
が、リアクションはイマイチかと思いました。

初めて連れてきた猫にしてはガスという単語だけで無事じゃ済まないガスとまで認識できないのではないかと思います。

箱の中は暗いのでしょうか。
ならば初めて連れてこられて不安になり鳴き声を上げたり、カリカリと壁を削ったり、天井に飛んだり、

もしくは案外居心地が良くて、眠ったりするやもしれませんね。

なんにしてもギャグとしてはありですが、追い詰められたキャラクターのリアクションとしては不可解でした。

執筆お疲れ様でした。

※まあたぶんギャグで書いたんだろうな、というのはわかってました。
 そうですね。完全に「追い詰められたキャラクターのリアクション」って書いたのがまずかったんだと思います。これだと、「死にそうなキャラクターのリアクション」のことだと思うので、それだと、あんなコミカルな反応なわけないでしょ、ってなります。

 あと、箱の中は暗いのか、って聞きましたよね。
 箱の中に灯りが付いているならわかるんですが、天井に蓋をしていることからすると、全く見えない状態であるはずなんです。いくら猫の目だからと言ったって、真っ暗だったら何も見えないので、噴射口とか見えないはずなんですよ。
 シュレティンガーの、とかもそうなんですが、色々と今作は、主観的な描写で考えると不可解な点が多く、いくらでも突っ込める要素はあります。
 噴射口から明かりが漏れてたのかな?
 しかし、ラノベらしいギャグを考えていたのであれば、色々なことは目を瞑れるかもしれません。そこまで厳密な主観的描写を書かなくても、このキャラのリアクションが楽しいのであれば、ある程度成功していると思います。

 なので、作者コメは余計だったかな、と思います。

 ではでは。
6

pass
2021年05月31日(月)00時07分 神原  +30点
こんにちは、拝読しました。

お久しぶりです。

素直に面白かったです。ですが、シュレディンガーの猫って開けると死亡するではなかったでしょうか?

開けたせいで死亡したか、それとも最初から死んでいるか。これが開けると分からない。生きているかどうかは確認しようがない。

なので、開けて生きているパターンはないと思ったのですが。

まあ、面白かったので、私は面白かったです。を置いていこうかなと思います。これからもがんばってください。
21

pass
合計 7人 150点


お名前
E-Mail  公開しない公開する
↑作者レスをする場合は、作品投稿時のメールアドレスを入力して下さい。
−− メッセージ −−
作者レス
評価する
 PASSWORD(必須)  トリップ 

<<一覧に戻る || ページ最上部へ
作品の編集・削除
PASSWORD