無感情の舞台
<<一覧に戻る | 作者コメント | 感想・批評 | ページ最下部
 今日も今日とて、ゆらゆらと。
 この身吊られて、ひらひらと。

 見知らぬ人の顔。
 降り注ぐ喝采。
 ギターの音色が奏でる陽気な音楽。
 キシキシと軋む古びた舞台。
 それが僕が今感じている世界の全てだった。
 僕の仕事は舞台役者。
 この身体の動きで人々を魅了し、お金を得ている。
 決められた台本に沿って動く、操り人形だとも感じている。
 一年ほど前から知名度が上がり、どの街で公演をやってもすぐに人が集まってくるようになった。
 始めた頃からは考えられない人気ぶりだった。
 今日も街の広場で特設会場を設置して、人々を楽しませている。
 演技の最中である今もそんなことを思う余裕があるくらい、僕はもうこの演目を何回も何回も繰り返してきた。

 それからもミスなく進行していき、そろそろ終盤だ。
 音楽のテンポは更に上がり、動きは激しくなり、観客の熱気も最高潮に達する。
 だけれども、僕の心は冷え切っていた。
 情熱、興奮、感動。
 そういった感情はこの世界のどこかに置いてきてしまったらしい。
 舞台で舞うことの何が楽しいのか。
 繰り返し自問自答しても答えは出ない。
 終始モヤモヤとした感情のまま、幕は閉じた。
 観客に頭を下げると、皆次々に小銭をブリキ缶の中へと入れていった。
 無機質なその音を聞いていると、僕はなぜこの世界に生まれたのだろう。
 いつまでこんな日々が続くのだろう。
 そんな暗い感情にまた支配されたのだった。

 人々も去り、周囲には誰もいなくなった。
 今日はまだこの後に一公演残っている。
 それまで、しばしの休憩としよう。
 こうして僕は小さな箱へとしまわれた。
 ……そう。
 僕は操り人形。
 心を持ってしまった木製の人形。
 自由も感じられず、操られる日々を送っている存在。
 閉じ込められて真っ黒な視界の中、僕は思う。

 今日も今日とて、ゆらゆらと。
 この身吊られて、ひらひらと。
ナイアード 

2021年05月29日(土)16時34分 公開
■この作品の著作権はナイアードさんにあります。無断転載は禁止です。

■作者からのメッセージ
お久しぶりです?
かなり昔に投稿していた者です。
ふと書きたくなったので、投稿してみました。
暇つぶし程度に読んで感想いただければ嬉しく思います。


この作品の感想をお寄せください。

2021年07月14日(水)12時55分 ☆多摩ネギ小僧  +40点
こんにちは、拝読しました。

読み終わったあと、「すごい。」と言葉が出てしまいました。情熱がなくなったやる気のない役者から操り人形だとわかった瞬間にしてやられたと思いました。

今日も今日とて、ゆらゆらと。
この身吊られて、ひらひらと。
この言葉がとてもおしゃれだと思いました。
4

pass
2021年06月27日(日)10時14分 ワタリヅキ  +10点
こんにちは、ワタリヅキです。
シンプルな文章に、シンプルな内容。しかし、しっかりとしたオチがあり、いかにも掌編小説らしい仕上がりの作品だと思います。
簡潔な文章が、操り人形の心の寂しさとも重なって、余計に読んでいて感じるものがありました。
最初と最後の文章も、作品の雰囲気を効果的に演出していて素晴らしいと思います。
これからの作品も楽しみにしています。
3

pass
2021年06月09日(水)00時12分 BB  +20点
拝読しました。
普通に人間の役者だと思って読んでいたので、最後のオチで騙されたクチです。

ただ初読は流し読みだったので、熟読していたら気づいていたかもしれないです。
感想を読むとけっこう気づいた人も多いようですね。

改定案としては「操り人形」は、あまりにも直接過ぎるので

>決められた台本に沿って動く、操り人形だとも感じている。

決められた台本に沿って動く。そこに己の意思はない。

また「街の広場で特設会場」は、大道芸を連想させるので、あたかも有名な大舞台に立っていると、誤認させるような表現に改めたらどうでしょうか。

掌編らしい作品で良かったです。
短文で改行していくのも、詩的で心地よかったです。
冒頭の一節を最後に繰り返すのも、良い効果を生んでると思いました。
16

pass
2021年05月31日(月)22時32分 ナイアード  作者レス
無骨頸骨 様

お読みいただきありがとうございます。

色々と想像していただいたようです、とても嬉しく思います。
作品から何かを感じてもらえることが、大きな喜びの一つでもありますからね。
感謝です。

素敵と言っていただけて、嬉しいです。
これからも頑張ります!

ありがとうございました。

pass
2021年05月31日(月)22時29分 ナイアード  作者レス
表参道 様

お読みいただきありがとうございます。
操り手との関係を表すのは確かに良いですね。
もっと物語に深みが出そうです。
アドバイスありがとうございます。

読みやすい文章を心がけてるので、良かったです。

女の子だったら……操り手にキレまくる元気のいいキャラが浮かびました(笑)

ありがとうございました。

pass
2021年05月31日(月)19時14分 無骨頸骨  +20点
こんにちは、拝読しました。

冒頭で人形の話かな? と思いつつ読ませていただきました。
情熱も無く楽しいとも感じないまま演じ続けるのは大変だなと思いました。操り手のエゴで踊らされる彼が気の毒に見えます。

この人形に意志があると気付いた人が人形自身を見てくれて、そして大切に扱ってくれる。
そういう人が現れたら、いままで虚無のなか踊り続けた日々が報われるなあ、と思います。

素敵な文章をありがとうございます。
執筆お疲れ様でした。
17

pass
2021年05月31日(月)00時21分 表参道 LynesOLS3s +20点
こんばんは、ナイアードさん。
表参道と言います。

役者として思わせて、人形でした。
というオチについては良かったと思います。僕は騙されたクチです(笑)。

ただ、もう少し踏み込んでも良かったと思います。今の状態だとオチ以外が弱いような気がして……
具体的に思いつく案は、下の2パターンくらいかなぁ。
僕なら最近知名度が上がったことを伏線に使うかも。
・操り手との関係を描写する。
・人形の感情の変化を描写する。

文章については読みやすかったです。
体言止めを多用していますが、悪い印象にはなってないと思います。
最初と最後で同じ文章を繰り返しているのも効果的かと。

最後に。
この人形は男の子なんですね。
女の子だったらどうなるか、ちょっと気になりました(笑)

以上です。
執筆お疲れ様でした。

22

pass
2021年05月30日(日)22時16分 ナイアード  作者レス
サイド様
お読みいただきありがとうございます。

一年からい前?にも投稿していました。それよりも何年も前には頻繁に投稿していた者です。
お久しぶりでございます。

感情の描写については、人形ということで冷めた感情しか持てないといった勝手なイメージで書いてみました。
もっと分かりやすくするべきでしたね。

ありがとうございました。

pass
2021年05月30日(日)16時19分 サイド  +10点
こんにちは、サイドです。
作品、読ませていただきました。
なんとなくですが、お名前に見覚えがあるような気がするんですが、少し感想書いたことあったかも? と思ったり。(人違いだったら、すみません


さて、内容としては役者をやっているのは人形で、人間ではなかったというお話で、最初は「人」と思わせ、終盤で「人形」というオチがでしたね。
自我を持ち、虚しさを覚えつつ、存在することの意味を問う……みたいな感じでしょうか。
深くなり過ぎず、浅すぎず、尺もいい感じだったと思います。


個人的な感覚で気になったのが、「観客の熱気も最高潮に達している」のに、「僕の心は冷え切っていた」点でしょうか。
僕自身がアイドルのライブとか見に行くのが好きだからかもですが、舞台に立つ方はよく、「輝いているのは私じゃなくて、観客席で応援してくれている皆。だから私も輝ける」という旨のことを言います。


そういう意味でこの物語の主人公は、見てくれている人(ファン)と、自分自身の間に大きな溝を持つキャラクターなんだなあと思いました。
舞台の何が楽しさは、案外立ってしまえば分かるみたいなことも聞いた事がありますし、主人公(人形だけど)は自分自身の心に問うのではなく、観客の喝采から何かを得る、みたいな物語にして、多少幸せ成分を入れたオチにしてもいいかもです。

以上、いろいろ言ってしまいましたが、個人の感じ方ですので、「何だコイツ」みたいなところは気にしないでいただければ幸いです。
執筆、お疲れさまでした!
21

pass
2021年05月29日(土)22時48分 ナイアード  作者レス
金木犀 様

お読みいただきありがとうございます。
そう言えば前に投稿したときも同じようなのを書いてましたね(笑)
時々こういった、無機質系?を書きたくなるのかもしれません。

指摘していただいた部分に関しては、おっしゃるとおりですね。
人形であることを最後の所でネタ明しするつもりで作ったのですが、大失敗に終わったようです。
作り込みが足りませんでした。

ありがとうございました。

pass
2021年05月29日(土)22時43分 ナイアード  作者レス
神原様

お読みいただきありがとうございます。
思いつきで書いてしまったので、人形とバレないようにもっと工夫するべきでしたね。
精進します!

冒頭と最後のに関しては、こういったふうに書くのが好きでたまにやってる感じで、少しでも良く感じていただけたなら嬉しいです。
ありがとうございました。

pass
2021年05月29日(土)21時59分 金木犀 gGaqjBJ1LM +10点
こんにちは、拝読しました。

前回の作品より、文章が上手だと感じました。
より主観的な描写になっており、冒頭と、最後の文章が簡潔ながらキレがあり、味のある作品にしていると思います。

・決められた台本に沿って動く、操り人形だとも感じている。

→ここは、感じている、は不要かなと思います。操り人形だ、とはっきり書いた方が、感じているという三人称的で遠回しな表現より潔よいと思います。ミスリードさせる意図があるのやもしれませんが、ばればれなので、そこらへんする必要があるとは、僕は思えなかったです。むしろ、早く読者に「主人公は操り人形なんだ」という前提で読ませた方が生きる話じゃないでしょうか。


なんにしても、この世界観。「無機質である存在がふと自我に目覚める」という世界観を、作者は書きたいのかな、と思います。突き詰めてもっと考えていくと良いと僕は思いました。

執筆お疲れさまでした。



12

pass
2021年05月29日(土)20時09分 神原  +10点
こんにちは、拝読しました。

なんとなく、役者ってもっと情熱もって役やってるよね? と言う疑問と最初の2行から人形劇ではないだろうか? と思ってしまったので、最後は驚きませんでした。

役者がなんの感慨もなく演じていて人気になるとは思えなかった。これが読めてしまった原因かもしれません。が、私はけっこうこう言う人なので気にしないでください。

最初と最後の韻を踏んだ感じが少し良かったです。

以上から私は少し良かったですを置いていきたいかなと思います。
18

pass
合計 8人 140点


お名前
E-Mail  公開しない公開する
↑作者レスをする場合は、作品投稿時のメールアドレスを入力して下さい。
−− メッセージ −−
作者レス
評価する
 PASSWORD(必須)  トリップ 

<<一覧に戻る || ページ最上部へ
作品の編集・削除
PASSWORD