恋詠み/恋愛短歌投稿サイト

新着/恋の短歌 140ページ目

短歌 点数
砂浜に足跡残し戯れば時流れ早夕暮れ
点数:1点
夜に散る花眺むれば残り香かおる隠れ里の宿
点数:1点
君と語らう時をむさぼる初夏の夢二度と会えぬと思い出せずに
点数:2点
切れかけた電気 開かない瓶 洗うたび薄れてく煙草の匂い
点数:2点
さようなら涙で育てた豆の木で月へ行きます探さぬように
点数:1点
目は泣いたせい 耳は無視されたせい うさぎは寂しがり屋なのです
点数:0点
指先に感じたものは体温と普段秘めてる貴方の想い
点数:2点
蒼天望み思い届けと願しもただひたすらに広き蒼
点数:2点
手のひらは同じ 薬指が少し長い 放課後 手と手重ねて
点数:0点
撹拌し記憶の海をまさぐれば冷たき肌とシャネルの香り
点数:3点

▼短歌を検索する

▼ユーザーを検索する(投稿者)

▼短歌を投稿する

ページの先頭へ

登録情報の変更、お問い合わせ

ナビゲーション